レッドブル・レーシング ホンダF1 ダニエル・リカルド
ダニエル・リカルドは、2019年にレッドブルがホンダのF1エンジンを搭載する可能性があることを不安視している。

現在、レッドブルはタグ・ホイヤーのバッチをつけたルノーのF1エンジンを搭載しているが、ルノーは現在の契約が満了する2018年をもってレッドブルへの供給を終了することを伝えたと Sky Sports F1 は報じている。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、噂されたポルシェとのエンジン契約の可能性を否定しているが、近いうちにサプライヤーに関する発表を示唆している。

クリスチャン・ホーナーは、現在のエンジンメーカーの1社が2019年と2020年にレッドブルにF1エンジンを供給する可能性があると認めるが、フェラーリとメルセデスは過去にレッドブルへのF1エンジン供給を拒否してり、ホンダがレッドブルの供給元になる可能性が高いと考えられている。

ホンダは2018年からレッドブルの姉妹チームであるトロ・ロッソにエンジンを供給することになっているが、現在、ホンダのF1エンジンがグリッドで最も競争力が低いことは明らかだ。

マクラーレンは、過去3シーズンのパフォーマンスと信頼性不足に耐えられず、今シーズン限りでホンダとのパートナーシップを解消することを発表している。

ダニエル・リカルドは、ホンダが大きな改善を果たせなければ、レッドブルはグリッド後方に沈む可能性があると懸念している。

「チームの観点から見れば、ホンダが多くのとの差を縮めなければならないことは秘密ではない」とダニエル・リカルドはコメント。

「彼らに進行中や秘密のことがあるかもしれないけど、来年、そのかなり大きな兆候を示す必要があるのは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | レッドブル