F1エミリア・ロマーニャGP:キミ・ライコネンに30秒加算…13位に降格
F1エミリア・ロマーニャGPのレース後、スチュワードは9位でフィニッシュしたキミ・ライコネン(アルファロメオ)に30秒加算ペナルティを科した。その結果、ライコネンは13位まで降格した。

キミ・ライコネンは、赤旗後のリスタート前のセーフティカー期間にスピンを喫してコースオフしたが、正しくない方法でコースに復帰したとしてペナルティを科せられた。これにより、エステバン・オコンが9位、フェルナンド・アロンソが10位に昇格してポイントを獲得した。

スチュワードは「レースサスペンション後のリスタート前のラップで、ライコネンはターン3でスピンした。ドライバーは、最初のセーフティカーライン(SC1)の前にポジションを取り戻すことができる。最初、チームは彼にそうするように指示したが、その後、ポジションを保持するように伝えた」

「ドライバーがポジションを戻すできなかった場合、彼はピットレーンに入る必要があり、フィールド全体がピット出口を通過した後にのみレースに再び参加することができる」

ランス・ストロールにもレース後のペナルティが与えられたが、キミ・ライコネンに深刻ではなく、ストロールは7位から8位に下がり、ピエール・ガスリーが7位に昇格している。

2021年 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝 結果
1.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3.ランド・ノリス(マクラーレン)
4.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
5.カルロス・サインツ(フェラーリ)
6.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
7.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
8.ランス・ストロール(アストンマーティン)
9.エステバン・オコン(アルピーヌ)
10.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
11.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
12.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
13.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
14.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
15.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
16.ミック・シューマッハ(ハース)
17.ニキータ・マゼピン(ハース)
DNF.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
DNF.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
DNF.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果 / キミ・ライコネン / F1イタリアGP / アルファロメオ・レーシング