2019年 F1アブダビテスト 初日
2019年最後の公式テストとなるF1アブダビテストが12月3日(火)にヤス・マリーナー・サーキットでスタート。バルテリ・ボッタス(メルセデス)が初日のトップタイムをマークした。

2019年のF1世界選手権の最終戦の余韻も覚めぬまま、全10チームはヤス・マリーナ・サーキットに残り、2日間のピレリの2019年F1タイヤのテストを開始。気温22度、路面温度22度の快晴のコンディションでセッションはスタートした。

ピレリは、2020年のF1タイヤのためにC1からC5の5種類のタイヤに加え、C2Bというプロトタイプを持ち込んでいる。1日にチームに供給されるタイヤは10セット。2日間で20セットとなる。12セットはピレリが指定し、残り8セットはチームが選択。2019年仕様のタイヤも選択でき、比較することが可能となっている。

初日のトップタイムを記録したのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。138周を走り込み、2019年仕様のC4タイヤで1分37秒124をマークした。

2番手タイムはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。午前中にエキゾーストのトラブルで出遅れたベッテルだったが、最終的に136周を走り込み、2020年仕様のC5タイヤで1分37秒991をマークした。

3番手タイムはトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトがマーク。午後から走行を行ったクビアトは72周を走行し、2020年仕様のC5で1分28秒183をマーク。午前中にはショーン・ゲラエルが走行を担当し、2020年仕様のC4 タイヤで1分41秒640をマークした。

4番手のセルジオ・ペレス(レーシングポイント)、5番手のロマン・グロージャン(ハース)、6番手のランド・ノリス(マクラーレン)は全て2020年のC5タイヤでベストタイムを記録。
7番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、この日最多となる153周を走破し、ベストタイムは2020年仕様のC3タイヤで記録した1分39秒926だった。

ルノーは、2020年のレースドライバーを務めるエステバン・オコンがチームの今季マシンで初走行。77周を走行して2020年のC4タイヤで8番手タイムとなる1分39周962を記録した。

9番手のウィリムズの午前中の走行を担当したジョージ・ラッセル。87周を走行し、今季型のC5タイヤで1分40秒368を記録した。チームは午後からロイ・ニッサニーを起用。41周を走行して2020年のC3タイヤで1分44秒760をマークした。

アルファロメオのキミ・ライコネンは93周を走行して2019年型のC4で1分40秒903をマークした。

テストは明日も行われる。

2019年 F1アブダビテスト 初日l

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果