F1 日本GP フリー走行1回目 結果 ルイス・ハミルトン
2018年のF1世界選手権 第17戦 日本GPのフリー走行1回目が10月5日(金)に鈴鹿サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップタイムを記録。2番手にもバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスが1-2で週末をスタートした。

ホンダの“スペック3”エンジンを再導入したトロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーが11番手タイム、ブレンドン・ハートレーが17番手タイムで1回目のセッションを終えた。

鈴鹿サーキットにおける30回目の記念大会となる今年の日本GPではホンダがタイトルスポンサーを務め「2018 FIA F1世界選手権シリーズ 第17戦 Honda日本グランプリレース」の名称で開催される。

大きな8の字を描いたような鈴鹿サーキットは、世界でも珍しい立体交差が特徴。低・中・高速とバラエティーに富んだチャレンジングなコーナーがレイアウトされ、高度なドライビングテクニックが求められる。左右のカーブがほとんど同じ数だけレイアウトされ、高速かつテクニカルなコースとして名高い鈴鹿サーキットは、ドライバーにもファンにも人気がある。

ピレリは、鈴鹿サーキットにミディアム(白)、ソフト(黄)、スーパーソフト(赤)という3種類のコンパウンドを選択。レースではミディムとソフトのいずれか1セットを使用されなければならない。また、スーパーソフトは予選Q3で使用しなければならない。

金曜日の鈴鹿サーキットは曇り。前日からの雨によって所々にウェットパッチはあるものの、コース上は概ねドライ。気温21.7℃、路面温度24.7℃というコンディションで午前10時に90分間のFP1セッションはスタート。セッション中の降水確率は40%であり、小雨も確認されるなか、トロロッソ・ホンダなどは計測機器を装着して開始直後からコースに出て接触的に走行を重ねていく。

序盤はデグナーの2つ目や最終シケインでコースオフするマシンも見られ、フェルナンド・アロンソもデグナーでコースオフしてなんとかグラベルから抜け出すというシーンも。低速で走っていたピエール・ガスリーにルイス・ハミルトンがあわや接触という一幕もあった。

鈴鹿サーキットのコースレコードは1分27秒319(ルイス・ハミルトン/2017年F1日本GP予選)。折り返しの45分を迎えた時点でタイムシートのトップに立ったのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。ソフトタイヤで1分29秒842を記録。2番手には0.097秒差でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がスーパーソフトで、3番手には0.173秒差でルイス・ハミルトンがミディアムタイヤで続いた。

中盤からは各チームが週末を見据えてロングのプログラムを実施。ピエール・ガスリーがターン1でコースオフしてマシンで大量の芝を刈ってコースに戻った。スピードトラップではメルセデス勢が311kphを記録。他に9kph以上の差をつけている。

フリー走行1回目のトップタイムはルイス・ハミルトンが記録した1分28秒691。2番手には0.446秒差でチームメイトのバルテリ・ボッタスが続いてメルセデスが1-2で1回目のセッションを終了。

3番手には0.682秒差でダニエル・リカルド(レッドブル)、4番手には0.936秒差でキミ・ライコネン(フェラーリ)、5番手にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、6番手にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)というトップ6。ベスト・オブ・ザ・レストの7番手にはエステバン・オコン(フォースインディア)が入った。

トロロッソ・ホンダはピエール・ガスリーが20周を走行してトップから2.409秒差の11番手、ブレンドン・ハートレーは23周を走行してトップから3.217秒差の17番手だった。

マクラーレンは、ストフェル・バンドーンに代えて来季のシートが確定しているランド・ノリスが走行を担当。両ドライバーともにミディアムテストのみで走行を行い、フェルナンド・アロンソが18番手、ランド・ノリスは最下位20番手タイムだった。

F1日本GP フリー走行2回目は、このあと14時から行われる。

2018年 第17戦 F1日本グランプリ フリー走行1回目

順位NoドライバーチームベストタイムGAP周回
144ルイス・ハミルトンメルセデス1分28秒691 25
277バルテリ・ボッタスメルセデス1分29秒1370.44626
33ダニエル・リカルドレッドブル1分29秒3730.68232
47キミ・ライコネンフェラーリ1分29秒6270.93620
55セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分29秒6850.99420
633マックス・フェルスタッペンレッドブル1分29秒8411.15030
731エステバン・オコンフォース・インディア1分30秒5911.90028
88ロマン・グロージャンハース1分30秒8142.12322
916シャルル・ルクレールザウバー1分30秒9292.23827
109マーカス・エリクソンザウバー1分31秒0732.38229
1110ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分31秒0732.38220
1255カルロス・サインツルノー1分31秒1002.40923
1311セルジオ・ペレスフォース・インディア1分31秒2722.58129
1420ケビン・マグヌッセンハース1分31秒2742.58328
1527ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分31秒4182.72718
1618ランス・ストロールウィリアムズ1分31秒5082.81727
1747ランド・ノリスマクラーレン1分31秒5083.21723
1828ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1分32秒0343.34321
1935セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分32秒5133.82226
2047ランド・ノリスマクラーレン1分32秒6833.99230


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1日本GP