メキシコグランプリ セバスチャン・ベッテル 2017年のF1世界選手権
2017年のF1世界選手権 メキシコグランプリの予選が28日(土)にメキシコシティのエルマノス・ロドリゲス・サーキットで行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がポールポジションを獲得した。

現地時間13時。気温18.8℃、路面温度42℃のドライコンディションで予選Q1セッションはスタートした。フリー走行3回目と比較して路面温度は20℃近く上昇した。

ピレリは、昨年よりも1段階軟らかいソフト、スーパーソフト、ウルトラソフトという3種類のコンパウンドを持ち込んでおり、予選Q3のタイヤにはウルトラソフトが指定された。

2時間前に終了したフリー走行3回目でエンジントラブルによってストップしたピエール・ガスリー(トロ・ロッソ)は、セッション開始までに修復することができず、予選に参加することはできなかった。

F1メキシコグランプリのポールポジションを獲得したのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。全セクターで最速タイムを記録して、コースレコードを更新する1分16秒488をマーク。今シーズン4回目、通算50回目のポールポジションを獲得した。

2番手には0.086秒差でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。ベッテルがタイムを出すまでトップに立っていたが、初ポールポジションは再びお預けとなった。

3番手にはルイス・ハミルトン、4番手にはバルテリ・ボッタスとメルセデス勢は2列目からのスタート。

以下、キミ・ライコネン、エステバン・オコン、ダニエル・リカルド、ニコ・ヒュルケンベルグ、カルロス・サインツ、セルジオ・ペレスがトップ10入りした。

マクラーレン・ホンダは、2台揃ってQ1を突破するもQ2ではタイムを出さず、フェルナンド・アロンソが14番手、ストフェル・バンドーンが15番手で予選を終了。

決勝ではフェルナンド・アロンソが20グリッド降格、ストフェル・バンドーンが35グリッド降格ペナルティを科せられる。また、予選不参加となったピエール・ガスリーは現時点で15グリッド降格が確定しているが、さらに増えることが予想されている。

F1 メキシコグランプリの決勝は、明日28日(日)の28時(現地時間14時)から行われる。

2017年 第18戦 F1 メキシコグランプリ 予選 結果
順位ドライバーチームQ1Q2Q3
1セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分17秒6651分17秒0351分16秒488
2マックス・フェルスタッペンレッドブル1分17秒6301分16秒5241分16秒574
3ルイス・ハミルトンメルセデス1分17秒5181分16秒8701分16秒934
4バルテリ・ボッタスメルセデス1分17秒5781分17秒1611分16秒956
5キミ・ライコネンフェラーリ1分18秒1481分17秒5341分17秒238
6エステバン・オコンフォース・インディア1分18秒3361分17秒8271分17秒437
7ダニエル・リカルドレッドブル1分18秒2081分17秒6311分17秒447
8ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分18秒3221分17秒7921分17秒466
9カルロス・サインツルノー1分18秒4051分17秒7531分17秒807
10セルジオ・ペレスフォース・インディア1分18秒0201分17秒868 
11フェリペ・マッサウィリアムズ1分18秒5701分18秒099 
12ランス・ストロールウィリアムズ1分18秒9021分19秒159 
13ブレンドン・ハートレートロ・ロッソ1分18秒683  
14フェルナンド・アロンソマクラーレン1分17秒710  
15ストフェル・バンドーンマクラーレン1分18秒578  
16マーカス・エリクソンザウバー1分19秒176  
17パスカル・ウェーレインザウバー1分19秒333  
18ケビン・マグヌッセンハース1分19秒443  
19ロマン・グロージャンハース1分19秒473  
 ピエール・ガスリートロ・ロッソ   

セバスチャン・ベッテル ポールポジションラップ


F1メキシコグランプリ 予選の展開
【Q1】 18分のセッション。フェラーリの2台とレッドブルの2台がスーパーソフトでアタックを開始。ウルトラソフトを装着したメルセデスのルイス・ハミルトンが1分17秒516でトップタイムを記録。バルテリ・ボッタス、マックス・フェルスタッペン、セバスチャン・ベッテルと続き、フェルナンド・アロンソが5番手でQ1を通過した。ザウバーの2台、ハースの2台、そして、エンジントラブルによって走行を行わなかったピエール・ガスリーが脱落となった。

【Q2】 セバスチャン・ベッテルが1分17秒058を記録してトラックレコードを更新。すぐにルイス・ハミルトンが1分17秒035を記録してそれを上回る。さらにマックス・フェルスタッペンがついに1分16秒台に突入。1分16秒524を記録した。セバスチャン・ベッテルも1分16秒台に入れて2番手に続く。序盤にはブレンドン・ハートレーのマシンから白煙が上がり、ノーパワーを訴えてコース脇にマシンをストップ。セクター2でイエローフラッグが提示される。Q2ではウィリアムズの2台、マクラーレンの2台、そして、ブレンドン・ハートレーが脱落。グリッド降格が決まっているマクラーレン・ホンダ勢はタイムを記録しなかった。

【Q3】 Q3にはメルセデス、フェラーリ、レッドブル、フォース・インディア、ルノーの5チームが進出。1回目のアタックでマックス・フェルスタッペンが1分16秒574でトップに立つ。しかし、最後の最後でセバスチャン・ベッテルがコースレコードを更新する1分16秒488をマーク。逆転でポールポジションを獲得した。

F1メキシコグランプリ 展望
決勝は71周で争われる。ポールポジションはレーシングライン上にあるが、少ないダウンフォースがドライバーにとって一番の問題であり、ターン1への距離も長いので、アドバンテージは少ない。昨年のレースでは表彰台に登壇したドライバーはすべて1ストップ。今年ピレリは1段階ソフト側のコンパウンドを持ち込むが、今季型タイヤの耐久性は増しているので、30周前後でタイヤを交換する1ストップ戦略が見込まれる。また、2015年にカレンダーへ復帰してからの出動率は100%。過去2年間はセーフティカーもしくはバーチャルセーフティカーがレース結果に影響を及ぼしている。
エルマノス・ロドリゲス・サーキットは、カレンダーのなかで2番目の短さとなる全長4.304㎞。標高2,200mに位置し、海抜0mに比べて酸素量が約75%にまで減少し、ICE(内燃機関)の出力に影響を与える。また、マシン内部のシステムやブレーキを通り抜ける空気の量も減るため、冷却面の影響も避けられない。高地で空気が薄いため、シンガポールのマリーナ・ベイ市街地サーキットと同程度のダウンフォースレベルになるが、ダウンフォースは少なくなり、マシンの出力はモンツァと比較して約10%しか減少しない。
今大会、ルイス・ハミルトンはランキング2位のセバスチャン・ベッテルに66ポイント差をつけており、5位以上でフィニッシュすれば、自力で4度目のワールドチャンピオン獲得を獲得することになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1メキシコGP