F1レース結果の2021年03月のF1情報を一覧表示します。

2021年 F1ポイントランキング (開幕戦 F1バーレーンGP終了時点)

2021年3月30日
2021年 F1ポイントランキング (開幕戦 F1バーレーンGP終了時点)
2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPが終了。まっさらなポイントテーブルに点数が刻まれた。

2021年の開幕戦を制したのは現役ワールドチャンピオンであるメルセデスのルイス・ハミルトン。ファイナルラップまで続いたマックス・フェルスタッペンとのバトルを制して25ポイントを獲得した。

F1バーレーンGP 結果:ルイス・ハミルトン&メルセデスF1が戦略勝ち

2021年3月29日
F1バーレーンGP 結果:ルイス・ハミルトン&メルセデスF1が戦略勝ち。フェルスタッペンは0.745秒届かず
2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの決勝が3月28日(日)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝。2位にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が続いた。

史上最多の23戦のスケジュールが組まれた2021年のF1世界選手権。ホンダF1のラストイヤー、7年ぶりの日本人ドライバーとして角田裕毅の参戦を始め、8名のドライバーがデビュー・移籍・復帰するなど、チームとドライバーの組み合わせがガラリと変わる1年となる。

【速報】 F1バーレーンGP 結果:フェルスタッペン2位、角田裕毅9位入賞

2021年3月29日
【速報】 F1バーレーンGP 結果:フェルスタッペン2位、角田裕毅9位入賞
F1バーレーンGPの決勝の結果速報。2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの決勝レースが3月28日(日)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝した。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が5位、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が9位、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が17位でレースを終えた。

F1バーレーンGP 予選:レッドブルのマックス・フェルスタッペンがPP獲得!

2021年3月28日
F1バーレーンGP 予選:レッドブルのマックス・フェルスタッペンがPP獲得!ホンダF1エンジンの開幕ポールは30年ぶり
2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの予選が3月27日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催され、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得。ホンダのF1エンジンとしては30年ぶりの開幕ポールとなった。

F1バーレーンGPの週末、マックス・フェルスタッペンは3回のフリープラクティスすべてでトップタイムをマーク。しかし、王者メルセデスF1&ルイス・ハミルトンには何かを隠し持っているのではないかという不気味さがあった。

【速報】 F1バーレーンGP 予選 結果:マックス・フェルスタッペンがPP獲得!

2021年3月28日
【速報】 F1バーレーンGP 予選 結果:マックス・フェルスタッペンがPP獲得!
2021年 F1バーレーンGPの予選結果。3月27日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの公式予選が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。

その他ホンダF1勢は、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が5番手。セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)は11番手、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は13番手で予選を終えた。

【速報】 F1バーレーンGP 予選Q2:ペレス11番手、角田裕毅13番手で脱落

2021年3月28日
【速報】 F1バーレーンGP 予選Q2:ペレス11番手、角田裕毅13番手で脱落
2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの予選Q2が行われ、ホンダF1エンジン勢はセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)と角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がノックアウトとなった。

15台から10台に絞り込まれる15分間のQ2。Q3に進出したドライバーはQ2でタイムを記録したタイヤでスタートすることになるが、メルセデス勢、レッドブル・ホンダ勢、マクラーレン勢、アルファタウリ・ホンダ勢がミディアムで走行を開始。それ以外はソフトを装着した。

【速報】 F1バーレーンGP 予選Q1:角田裕毅が2番手で通過!

2021年3月28日
【速報】 F1バーレーンGP 予選Q1:角田裕毅が2番手で通過!
2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの予選Q1が行われ、ホンダF1エンジン勢は全4台が通過した。

現地時時間18時から18分間のQ1セッションはスタート。気温30.4度、路面温35.7度のドライコンディション。このセッションでは下位5台が脱落する。

F1バーレーンGP フリー走行3回目:レッドブルのフェルスタッペンが最速

2021年3月27日
F1バーレーンGP フリー走行3回目:レッドブルのフェルスタッペンが最速。ガスリーが3番手とホンダF1エンジン勢が有望な仕上がり
2021年のF1世界選手権 第1戦 F1バーレーンGPのフリー走行3回目が3月27日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。

今年から金曜日の2回のフリー走行がそれぞれ90分から60分に短縮になったことで、前日は開始早々から多くのマシンが走行。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが両方のセッションでトップタイムを記録したが、勢力図はまだ不透明なままとなっている。

【速報】 F1バーレーンGP FP3 結果:フェルスタッペン首位、角田裕毅13番手

2021年3月27日
【速報】 F1バーレーンGP FP3 結果:フェルスタッペン首位、角田裕毅13番手
F1バーレーンGP FP3セッションの結果速報。2021年のF1世界選手権 第1戦 F1バーレーンGPのフリー走行3回目が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムを記録した。

他のホンダF1勢は、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が3番手、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が5番手、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が13番手で予選前のセッションを終えた。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム