F1レース結果の2014年07月のF1情報を一覧表示します。

F1 ハンガリーGP 決勝:ドライバーコメント

2014年7月28日
F1 ハンガリーGP 決勝
FORMULA 1 PIRELLI MAGYAR NAGYDÍJ 2014

F1ハンガリーGP 結果:ダニエル・リカルドが今季2勝目!

2014年7月27日
F1ハンガリーGP 結果
F1ハンガリーGPの決勝レースが27日(日)、ブダペストのハンガロリンクで行われた。

開始前の雨により、レースはウェットでスタート。コンディションがドライになる中、セーフティカーが2度導入される荒れたレース序盤となった。

波乱のレースを制したのはレッドブルのダニエル・リカルド。セーフティカー導入によるピットストップ戦略で順位が入れ替わるなか、ダニエル・リカルドは巧みなタイヤ戦略で順位を上げ、今シーズン、そして自身2度目の優勝を果たした。

F1 ハンガリーGP 予選:ドライバーコメント

2014年7月27日
F1 ハンガリーGP 予選
FORMULA 1 PIRELLI MAGYAR NAGYDÍJ 2014

F1ハンガリーGP 予選:ニコ・ロズベルグがポールポジション

2014年7月26日
F1ハンガリーGP 予選
F1ハンガリーGPの予選が26日(土)、ブダペストのハンガロリンクで行われた。

ポールポジションを記録したのはニコ・ロズベルグ(メルセデス)。ロズベルグは3戦連続となる今シーズン6度目のポールポジション。2番手にはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3番手にはバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)が続いた。

F1ハンガリーGP フリー走行3回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2014年7月26日
F1ハンガリーGP フリー走行3回目
F1ハンガリーGP フリー走行3回目が26日(土)、ブダペストのハンガロリンクで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。2番手にもニコ・ロズベルグが続き、メルセデス勢がここまでの週末のタイムシートの上位を独占している。

3番手にはセバスチャン・ベッテル、4番手にはダニエル・リカルドとレッドブル勢が続いた。

F1ハンガリーGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2014年7月25日
F1ハンガリーGP フリー走行2回目
F1ハンガリーGPのフリー走行2回目が25日(金)、ブダペストのハンガロリンクで行われた。

フリー走行2回目でも、1回目に続いてルイス・ハミルトンがトップタイム、ニコ・ロズベルグが2番手とメルセデス勢が1分24秒台でタイムシートの上位に並んだ。3番手にはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、4番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。

F1ハンガリーGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2014年7月25日
F1ハンガリーGP フリー走行1回目
2014年 第11戦 F1ハンガリーGPのフリー走行1回目が25日(金)、ブダペストのハンガロリンクで行われた。

夏休み前の最後のグランプリとなるF1ハンガリーGP。先週末のF1ドイツGPとの連戦となるため各チームともマシンに大幅な変化はないものの、より空力が重視されるサーキットのため、各チームの対応に注目が集まる。

F1 ドイツGP 決勝:ドライバーコメント

2014年7月21日
F1 ドイツGP 決勝
FORMULA 1 GROSSER PREIS SANTANDER VON DEUTSCHLAND 2014

F1ドイツGP 結果:ニコ・ロズベルグが母国グランプリ初優勝

2014年7月20日
F1ドイツGP 結果
F1ドイツGPの決勝レースが20日(日)、ホッケンハイムで行われ、ポールポジションからスタ−トしたニコ・ロズベルグが母国グランプリで初優勝。メルセデスにとっても復帰後初の母国優勝となった。

レースは、オープニングラップでケビン・マグヌッセンと接触したフェリペ・マッサがマシンが一回転する事故が起こり、セーフティカーが導入される荒れたスタートとなった。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム