F1レース結果の2013年09月のF1情報を一覧表示します。

F1 シンガポールGP 決勝:ドライバーコメント

2013年9月23日
F1 シンガポールGP 決勝
2013 FORMULA 1 SINGTEL SINGAPORE GRAND PRIX

F1シンガポールGP 結果:セバスチャン・ベッテルが3連勝

2013年9月22日
F1シンガポールGP 結果
F1シンガポールGPの決勝レースが、22日(日)マリーナベイ・サーキットで行われた。

優勝は、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテルは、オーピニングラップからリードを広げてレースを支配。圧倒的なレースで今季7勝目を挙げた。

2位にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3位にはキミ・ライコネン(ロータス)が続いた。

F1 シンガポールGP 予選:ドライバーコメント

2013年9月22日
F1 シンガポールGP 予選
2013 FORMULA 1 SINGTEL SINGAPORE GRAND PRIX

F1シンガポールGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2013年9月21日
F1シンガポールGP 予選
F1シンガポールGPの予選が、21日(土)マリーナベイ・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。1分42秒841を記録し、ラストアタックをせずに新品のソフトを残して2戦連続となる今季5度目のポールポジションを獲得した。

2番手にはニコ・ロズベルグ(メルセデス)、3番手にはロマン・グロージャン(ロータス)が続いた。

F1シンガポールGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップ

2013年9月21日
F1シンガポールGP フリー走行3回目
F1シンガポールGP フリー走行3回目が、21日(土)マリーナベイ・サーキットで行われた。

予選前の1時間のセッションでは、各ドライバーが終了直前にスーパーソフトを装着してトラックに出ていき、コース上はは多くのトラフィックが発生した。

トップタイムはレッドブルのセバスチャン・ベッテルで1分44秒173。2番手にはロマン・グロージャン(ロータス)、3番手にはニコ・ロズベルグ(メルセデス)が続いた。

F1シンガポールGP フリー走行2回目:セバスチャン・ベッテルがトップ

2013年9月21日
F1シンガポールGP フリー走行2回目
F1シンガポールGP フリー走行2回目が、20日(金)マリーナベイ・サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル、2番手にもマーク・ウェバーが続き、レッドブル勢が1分44秒台を記録し、好調なカタチで一日を締めくくった。

3番手にはニコ・ロズベルグ、4番手にはルイス・ハミルトンのメルセデス勢、5番手にはロマン・グロージャン(ロータス)が続いた。

F1シンガポールGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2013年9月20日
F1シンガポールGP フリー走行1回目
F1シンガポールGP フリー走行1回目が、20日(金)マリーナベイ・サーキットで行われた。

カレンダーで唯一の完全なナイトレースとして開催されるF1シンガポールGP。高温・多湿のなかレースは2時間の制限ぎりぎりまで行わることが多い。フリー走行1回目は夕暮れから夜への移り変わる時間帯のなかで実施された。

F1 イタリアGP 決勝:ドライバーコメント

2013年9月9日
F1 イタリアGP 決勝
FORMULA 1 GRAN PREMIO D'ITALIA 2013

F1イタリアGP 結果:セバスチャン・ベッテルが優勝

2013年9月8日
F1イタリアGP 結果
F1イタリアGPの決勝レースが、8日(日)モンツァ・サーキットで行われた。

雨の予報もあったモンツァだが、決勝レースはドライコンディションのなかで行われた。

優勝はレッドブルのセバスチャン・ベッテル。ポールポジションのセバスチャン・ベッテルは、スタートからレースをリードする得意の展開。レースを完全に支配して今季6勝目を挙げてチャンピオンシップのリードを広げた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム