F1レース結果の2012年04月のF1情報を一覧表示します。

F1 バーレーンGP 決勝:ドライバーコメント

2012年4月23日
F1 バーレーンGP 決勝
2012 FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX

F1バーレーンGP 結果:セバスチャン・ベッテルが今季初優勝!

2012年4月22日
F1 バーレーンGP 結果
2012年 第4戦 F1バーレーンGPの決勝レースが22日(日)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

優勝は、ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。ベッテル、そしてレッドブルは今季初優勝。

2位にはキミ・ライコネン、3位にはロマン・グロージャンとロータス勢がダブル表彰台を達成した。

F1 バーレーンGP 予選:ドライバーコメント

2012年4月22日
F1 バーレーンGP 予選
2012 FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX

F1バーレーンGP 予選:セバスチャン・ベッテルが今季初ポール!

2012年4月21日
F1バーレーンGP 予選 結果
2012年 F1 第4戦 バーレーンGPの予選が21日(土)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのは、レッドブルのセバステャン・ベッテル。ベッテルは、今季初ポールポジショイン。2番手にはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3番手にはマーク・ウェバー(レッドブル)が続いた。

F1バーレーンGP フリー走行3回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2012年4月21日
F1バーレーンGP フリー走行3回目
F1バーレーンGPのフリー走行3回目が21日(土)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

午前中のバーレーンは、風が強く、砂により霜がかかったようなコンディション。コース上にも砂があるためか、タイヤをロックさせるドライバーが目立った。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)。2番手にはセバスチャン・ベッテル、3番手にはマーク・ウェバーが続いた。

F1バーレーンGP フリー走行2回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2012年4月20日
F1バーレーンGP フリー走行2回目
F1バーレーンGPのフリー走行2回目が20日(金)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

フォース・インディアは、水曜日夜にチームメンバーが抗議活動に巻き込まれるというアクシデントがあり、安全を考えて2回目のセッションを欠場した。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグ。2番手にはマーク・ウェバー、3番手にはセバスチャン・ベッテルとレッドブル勢が続いた。

F1バーレーンGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2012年4月20日
F1バーレーンGP
2012年 F1第4戦 バーレーンGPのフリー走行1回目が20日(金)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

バーレーン国内の政情不安により、開催に疑問の声もあがっていたF1バーレーンGPだが、全チームが通常通りフリー走行に参加した。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのは、マクラーレンのルイス・ハミルトン。2番手にはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3番手にはポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)が続いた。

F1 中国GP 決勝:ドライバーコメント

2012年4月16日
F1 中国GP 決勝
2012 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX

F1中国GP 結果:ニコ・ロズベルグがF1初優勝!小林可夢偉は10位

2012年4月15日
F1 中国GP 結果
2012年 第3戦 F1中国GPの決勝レースが15日(日)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

優勝はメルセデスAMGのニコ・ロズベルグ。ポールポジションからスタートしたニコ・ロズベルグは、終始レースをリード。F1参戦7年目、111戦目で自身にとってのF1初優勝をポール・トゥ・ウィンで飾った。

2位にはジェンソン・バトン、3位にはルイス・ハミルトンとマクラーレン勢が続いた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム