F1レース結果の2011年05月のF1情報を一覧表示します。

F1 モナコGP 決勝:ドライバーコメント

2011年5月30日
F1 モナコGP
FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2011

F1モナコGP:優勝はセバスチャン・ベッテル、小林可夢偉5位!

2011年5月29日
F1モナコGP
F1モナコGPの決勝レースが29日(日)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

優勝はポールポジションからスタートしたレッドブルのセバスチャン・ベッテル。今季初のセーフティカーがでる予測不可能な展開のなか、1ストップ戦略をとったベッテルは粘りのレースで今季5勝目。ベッテルにとってモナコでの初優勝となった。

F1 モナコGP 予選:ドライバーコメント

2011年5月29日
F1 モナコGP 予選
FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2011

F1モナコGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2011年5月28日
F1モナコGP 予選
F1モナコGPの予選が28日(土)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

ポールポジションを獲得したのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。昨年のポールタイムを上回る1分13秒556というタイムを記録し、今シーズン5度目となるポールポジションを獲得した。ベッテルにとってモナコでは初めてのポールポジションだ。

F1モナコGP フリー走行3回目:フェルナンド・アロンソがトップタイム

2011年5月28日
F1モナコGP フリー走行3回目
F1モナコGPのフリー走行3回目が28日(土)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

一日のブレークをはさんで行われたフリー走行3回目。開始直後にはニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)がトンネル出口のバンプでコントロールを失ってクラッシュして赤旗中断。終了5分前にはヴィタントニオ・リウッツィがクラッシュして再び赤旗となるアクシデントがあった。

F1モナコGP フリー走行2回目:フェルナンド・アロンソがトップタイム

2011年5月26日
F1モナコGP フリー走行2回目
F1モナコGPのフリー走行2回目が26日(木)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのはフェラーリのフェルナンド・アロンソ。2番手にはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3番手にはニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)が続いた。

小林可夢偉(ザウバー)は、16番手タイムで初日のセッションを終えた。

F1モナコGP フリー走行1回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2011年5月26日
F1モナコGP フリー走行1回目
2011年 F1第6戦 モナコGPのフリー走行1回目が26日(木)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

F1カレンダーでも独特なイベントであるF1モナコGPは、通常のスケジュールとは異なり木曜日にフリー走行を実施。今回、ピレリはモナコGPに今シーズン初めてスーパーソフトタイヤを持ち込んでいる。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3番手にはニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)が続いた。

F1 スペインGP 決勝:ドライバーコメント

2011年5月23日
F1 スペインGP 決勝
FORMULA 1 GRAN PREMIO DE ESPAÑA SANTANDER 2011

F1スペインGP:優勝はセバスチャン・ベッテル、小林可夢偉10位!

2011年5月22日
F1 スペインGP 結果
F1スペインGPの決勝レースが22日(日)、バルセロナのカタロニア・サーキットで行われた。

優勝は、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。KERS問題により、終盤はルイス・ハミルトンの猛追を受けたベッテルだが、なんとか持ちこたえて今季4勝目を成し遂げた。

2位にはルイス・ハミルトン、3位にはジェンソン・バトンとマクラーレン勢が続いた。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム