F1レース結果の2010年03月のF1情報を一覧表示します。

F1オーストラリアGP 決勝 (ドライバーコメント)

2010年3月28日
F1 オーストラリアGP 結果
2010 FORMULA 1 QANTAS AUSTRALIAN GRAND PRIX

F1オーストラリアGP:優勝はジェンソン・バトン

2010年3月28日
F1オーストラリアGP 結果
2010年 F1 第2戦 オーストラリアGPの決勝レースが28日(日)、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われた。

優勝は、マクラーレンのジェンソン・バトン。コースコンディションが変わるなか、巧みなレース戦略でマクラーレン移籍後初勝利を飾った。

2位はルノーのロバート・クビサ、3位にはフェラーリのフェリペ・マッサが続いた。

F1オーストラリアGP 予選 (ドライバーコメント)

2010年3月28日
F1オーストラリアGP 結果
2010 FORMULA 1 QANTAS AUSTRALIAN GRAND PRIX

F1オーストラリアGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2010年3月27日
F1オーストラリアGP 予選 セバスチャン・ベッテル ポールポジション
2010年 F1 第2戦 オーストラリアGPの予選が27日(土)、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。この週末で唯一1分23秒台のタイムを叩き出し、2戦連続でポールポジションを獲得した。2番手にもレッドブルのマーク・ウェバーが続き、レッドブルがフロントローを独占した。

F1オーストラリアGP フリー走行3回目:マーク・ウェバーがトップタイム

2010年3月27日
F1 オーストラリアGP フリー走行3回目
2010年 F1 第2戦 オーストラリアGPのフリー走行3回目が27日(土)、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのマーク・ウェバー。2番手にはフェラーリのフェルナンド・アロンソ、3番手にはメルセデスGPのミハエル・シューマッハが続いた。

小林可夢偉(ザウバー)は、14番手タイムでセッションを終えた。

F1オーストラリアGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2010年3月26日
F1 オーストラリアGP フリー走行2回目
2010年 F1 第2戦 オーストラリアGPのフリー走行2回目が26日(金)、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、マクラーレンのルイス・ハミルトン。ハミルトンは、この日最速となる1分25秒801を記録。2番手タイムもマクラーレンのジェンソン・バトンが記録し、マクラーレンが初日に上々の仕上がりをみせた。

F1オーストラリアGP フリー走行1回目:ロバート・クビサがトップタイム

2010年3月26日
F1 オーストラリアGP フリー走行1回目
2010年 F1 第2戦 オーストラリアGPのフリー走行1回目が26日(金)、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われた。

アルバートパークはストリートサーキットであり、開幕戦バーレーンとは異なるマシン特性が要求されるため、マシンの戦力図という点でも興味深い週末となる。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのはルノーのロバート・クビサ。2番タイムはメルセデスGPのニコ・ロズベルグ、3番手にはマクラーレンのジェンソン・バトンが続いた。

F1バーレーンGP 決勝 (ドライバーコメント)

2010年3月15日
F1 バーレーンGP 決勝 ドライバーコメント
2010 FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX

F1バーレーンGP:フェルナンド・アロンソが優勝、フェラーリが1-2!

2010年3月14日
F1 バーレーンGP 結果
2010年F1開幕戦バーレーンGPの決勝レースが14日(日)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

今年からレース中の給油が禁止となったF1。ピット戦略を含め、レース展開には大きな変化がみられた。

2010年のF1初優勝を飾ったのは、フェラーリのフェルナンド・アロンソ、2位にもフェリペ・マッサが入り、フェラーリは2010年シーズンを1-2フィニッシュという素晴らしいカタチでスタートした。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム