F1レース結果の2009年06月のF1情報を一覧表示します。

F1イギリスGP 決勝 (ドライバーコメント)

2009年6月22日
F1 イギリスGP決勝 ドライバーコメント
2009 FORMULA 1 SANTANDER BRITISH GRAND PRIX

F1イギリスGP:ベッテルが優勝!レッドブルがワン・ツー!

2009年6月21日
F1 イギリスGP 結果
2009年F1第8戦 イギリスGPの決勝が21日(日)、シルバーストン・サーキットで行われた。

優勝はポールポジションからスタートしたレッドブルのセバスチャン・ベッテル。第1スティントでは、2位に1周につき1秒の差をつける圧倒的なパフォーマンスをみせ、中国GP以来となる今季2勝目をあげた。

2位にも同じくレッドブルのマーク・ウェバーが入り、レッドブルが最後のシルバーストンで今季2度目のワン・ツー・フィニッシュを達成した。

F1イギリスGP 予選 (ドライバーコメント)

2009年6月21日
F1 イギリスGP予選 ドライバーコメント
2009 FORMULA 1 SANTANDER BRITISH GRAND PRIX

F1イギリスGP:予選後の全F1マシンの燃料搭載量

2009年6月21日
F1 イギリスGP マシン重量
F1イギリスGP予選後の全マシンの重量が発表された。

驚きなのは、ポールポジションを獲得したセバスチャン・ベッテルがトップ10で最も重い燃料を積んでいたことだ。

フュエルエフェクトの大きなシルバーストンで、2位のバリチェロと比べて9kgも重い燃料で約0.2秒の差をつけているということは、ポテンシャルとしてレッドブルはブラウンよりおよそ0.5秒のアドバンテージがあることになる。

F1イギリスGP 予選:ベッテルがポール、中嶋一貴が5番手

2009年6月20日
F1 イギリスGP 予選 結果
2009年F1第8戦 イギリスGPの予選が20日(土)、シルバーストン・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。今シーズン3度目となるポールポジションを獲得した。

2番手はルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)、3番手はマーク・ウェバー(レッドブル)が続いた。

F1イギリスGP フリー走行3回目:ロズベルグがトップ、中嶋一貴2番手

2009年6月20日
F1 イギリスGP フリー走行3回目
2009年F1第8戦 イギリスGPのフリー走行3回目が20日(土)、シルバーストン・サーキットで行われた。

直前の雨により、ウェット宣言でスタートしたF1イギリスGPのフリー走行3回目。

トップタイムはウィリアムズのニコ・ロズベルグ。唯一の1分18秒台を記録した。2番手タイムは同じくウィリアムズの中嶋一貴が記録。ウィリアムズがタイムシートの上位に名を連ねた。

F1イギリスGP フリー走行2回目:ベッテルが再びトップタイム

2009年6月19日
F1 イギリスGP フリー走行2回目
2009年F1第8戦 イギリスGPのフリー走行2回目が19日(金)、シルバーストン・サーキットで行われた。

フリー走行2回目は、午前中に引き続きセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマーク。2番手タイムもマーク・ウェバーが記録し、午前中からレッドブル勢のみが揃って1分19秒台をキープした。

3番手タイムは、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルが記録、4番手タイムは中嶋一貴(ウィリアムズ)が記録した。

F1イギリスGP フリー走行1回目:ベッテルがトップタイム

2009年6月19日
F1イギリスGP フリー走行1回目
2009年F1第8戦 イギリスGPのフリー走行1回目が19日(金)、シルバーストン・サーキットで行われた。

昨夜、FOTAが新シリーズ立ち上げを発表したことで分裂状態にあるF1だが、各ドライバーはいつも通り日曜日のレースへ向けて作業を開始した。

トップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテルー、2番手にもマーク・ウェバーが入り、レッドブル勢が好調なスタートを切った。

F1トルコGP 決勝 (ドライバーコメント)

2009年6月8日
F1 トルコGP 決勝 ドライバーコメント
2009 FORMULA 1 ING TURKISH GRAND PRIX
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム