F1 イギリスGP マシン重量
F1イギリスGP予選後の全マシンの重量が発表された。

驚きなのは、ポールポジションを獲得したセバスチャン・ベッテルがトップ10で最も重い燃料を積んでいたことだ。

フュエルエフェクトの大きなシルバーストンで、2位のバリチェロと比べて9kgも重い燃料で約0.2秒の差をつけているということは、ポテンシャルとしてレッドブルはブラウンよりおよそ0.5秒のアドバンテージがあることになる。

それを考えると最後のアタックでキミ・ライコネンに邪魔されたマーク・ウェバーはさぞかし悔しかったことだろう。確実にポールポジションを狙っていたはずだ。

今回のイギリスGPでノーズ形状を変更し、ホイールベースを短くすするなど大幅なアップグレードを施したレッドブル。その進歩はブラウンGPを凌いでいる可能性がある。

自己最高の5番グリッドを獲得した中嶋一貴だが、全マシンの中で最も軽い燃料だった。ただし、極端に軽いわけではない。オーバーテイクの困難なシルバーストンでは予選順位が重要であり、またチームメイトよりも高いポジションを獲得したことは、一貴にとっては大きな意味があるだろう。

全体的にみて、大体均等にスティントを分けているのがわかる。後方に沈んだチームの中にはワンストップ戦略を選択するチームも出てくるかもしれない。

今回のイギリスGPは、レッドブルが、バトンそしてブラウンGPの連勝をストップさせる可能性は高い。

F1 イギリスGP マシン重量

グリッドドライバーチームマシン重量予想ピットイン予選タイム
1.セバスチャン・ベッテルレッドブル666.5kg20周目1分19秒509
2.ルーベンス・バリチェロブラウンGP657.5kg17周目1分19秒856
3.マーク・ウェバーレッドブル659.5kg18周目1分19秒868
4.ヤルノ・トゥルーリトヨタ658.0kg17周目1分20秒091
5.中嶋一貴ウィリアムズ652.5kg15周目1分20秒216
6.ジェンソン・バトンブラウンGP657.5kg17周目1分20秒289
7.ニコ・ロズベルグウィリアムズ661.5kg18周目1分20秒361
8.ティモ・グロックトヨタ666.0kg18周目1分20秒490
9.キミ・ライコネンフェラーリ654.0kg15周目1分20秒715
10.フェルナンド・アロンソルノー654.0kg15周目1分20秒741
11.フェリペ・マッサフェラーリ675.5kg24周目 
12.ロバート・クビサBMWザウバー689.5kg30周目 
13.ヘイキ・コバライネンマクラーレン695.5kg32周目 
14.ネルソン・ピケJr.ルノー682.5kg27周目 
15.ニック・ハイドフェルドBMWザウバー665.5kg20周目 
16.ジャンカルロ・フィジケラフォース・インディア668.5kg21周目 
17.セバスチャン・ブルデートロ・ロッソ687.5kg29周目 
18.エンドリアン・スーティルフォース・インディア692.0kg31周目
19.ルイス・ハミルトンマクラーレン666.0kg20周目 
20.セバスチャン・ブエミトロ・ロッソ672.5kg23周目 


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果