F1レース結果の2008年10月のF1情報を一覧表示します。

F1最終戦ブラジルGP フリー走行1回目:マッサがトップタイム

2008年10月31日
F1 ブラジルGP フリー走行
2008年F1第最終戦 ブラジルGPのフリー走行1回目が31日(金)、インテルラゴス・サーキットで行われた。

タイトルを賭けたF1最終戦ブラジルGPがついに開幕。はやくもタイトルを争う2人によるタイム争いが始まった。

この日のインテルラゴスは、若干の霧雨が降ったが、大部分がドライの状況で行われた。フリー走行1回目のトップタイムは、フェリペ・マッサ(フェラーリ)が記録した1分12秒305。しかし、セッションの大半はルイス・ハミルトンがタイプシートのトップにいた。ハミルトンは約コンマ2秒差で2番手タイムにつけている。

F1第17戦中国GP決勝 (ドライバーコメント)

2008年10月19日
F1 中国GP 決勝 ドライバーコメント
2008 FORMULA 1 Sinopec Chinese Grand Prix

1位 ルイス・ハミルトン (マクラーレン)
「今週末は全てがうまくいった。僕たちのクルマは本当に素晴らしかった。これまでで最高のスタートだったし、レース中のバランスは完璧だった。ほんとうにチームのみんなのおかげだ。トラックでもホームでも、彼らは驚くべき仕事をしてくれので、心からお礼を言いたいよ。ワールドチャンピオンシップでは7ポイントのリードしているけど、なにも保証されたわけではない。夢に一歩前進したかもしれないけど、落ち着いて冷静さを保ち続けなければならない。切り抜けられることを願っている」

F1第17戦中国GP 決勝:ハミルトン優勝でタイトルに王手!

2008年10月19日
F1 中国GP 決勝
F1第17戦 中国GPの決勝レースが19日(日)、上海国際サーキットで行われた。

レースは、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(マクラーレン)がスタートからレースを支配。2位でフィニッシュしたフェリペ・に15秒近くの差をつける圧倒的な走りで今季5勝目をあげた。チャンピオンシップでもマッサとの差を7ポイントに広げ、タイトルに王手をかけた。

2位はフェリペ・マッサ、3位はキミ・ライコネンとフェラーリ勢が続いた。

F1第17戦中国GP予選 (ドライバーコメント)

2008年10月18日
F1 中国GP 予選 ドライバーコメント
2008 FORMULA 1 Sinopec Chinese Grand Prix

1位 ルイス・ハミルトン (マクラーレン)
「Q3の最初の走行は少しうまくいかなかった。ターン8で少しワイドになって、マーブルの上に乗ってしまった。それでターン9で間違ったラインをとってしまい、残りのラップはタイヤの綺麗にしただけだった。でも、最後のアタックではすべてをまとめることができた。ほぼ完璧なラップだった。週末は全体的にうまくいっている。チームや家族からのサポートを本当に感じているし、明日のレースではベストをつくすよ」

F1第17戦中国GP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

2008年10月18日
F1 中国GP 予選
2008年F1第17戦 中国GPの予選が18日(土)、上海国際サーキットで行われた。

ポールポジションは、マクラーレンのルイス・ハミルトン。タイトル争いに向け、1コーナーに最も近いポジションを獲得した。2番手にはキミ・ライコネン、3番手にはフェリペ・マッサとフェラーリ勢がぴったり後ろにつけた。

4番手にはフェルナンド・アロンソ(ルノー)が入り、マクラーレンのヘイキ・コバライネンは、5番手だった。

F1第17戦中国GP フリー走行3回目:ハイドフェルドがトップタイム

2008年10月18日
F1 中国GP ニック・ハイドフェルド
2008年F1第17戦 中国GPのフリー走行3回目が18日(土)、上海国際サーキットで行われた。

予選へ向けての最後のプラクティスセッション。トップタイムをマークしたのは1分36秒061でBMWザウバーのニック・ハイドフェルド。2番手にはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3番手にはロバート・クビサ(BMWザウバー)がつけた。

フェラーリ勢はフェリペ・マッサが12番手、キミ・ライコネンが13番手とタイムは伸びず。戦略なのか、問題が発生しているのか、この後の動向に注目したい。

F1第17戦中国GP フリー走行2回目:ハミルトンが再びトップタイム

2008年10月17日
F1 中国GP フリー走行2回目
2008年F1第17戦 中国GPのフリー走行2回目が17日(金)、上海国際サーキットで行われた。

午後のセッションでは、多くのマシンがソフト側のタイヤの評価を行った。

フリー走行2回目のトップタイムは、午前中に続いてマクラーレンのルイス・ハミルトンが記録した。タイトル争いを5ポイント差で首位に立つハミルトン。午後もただ一人となる1分35秒台のタイムを叩き出し、タイトルへ向けてのパフォーマンスを披露した。

F1第17戦中国GP フリー走行1回目:ハミルトンがトップタイム

2008年10月17日
F1 中国GP
2008年F1第17戦 中国GPのフリー走行1回目が17日(金)、上海国際サーキットで行われた。

上海国際サーキットは、セットアップ面で前戦日本GPとあまり違いはないが、タイヤはひとつ硬いハードとミディアムのコンパウンドが使用される。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのは、マクラーレンのルイス・ハミルトン。2番手のフェリペ・マッサからコンマ4秒近くの差をつけ、午前中唯一の1分35秒台となるの1分35秒630を記録した。

F1第16戦日本GP決勝 (ドライバーコメント)

2008年10月12日
F1 日本GP決勝 ドライバーコメント
2008 FORMULA 1 Fuji Television Japanese Grand Prix

フェルナンド・アロンソ (1位)
「僕たちが今日成し遂げたことがまだ信じられないよ!シンガポールでの勝利は予想外だったけど、僕たちは特別な状況から成果をあげた。今日は、僕たちはあまり適していると思われないサーキットで再び勝利を遂げた。チームは、今シーズン戦いに戻るために本当に注目に値する仕事したし、僕たちは今、3番目に強いチームだ。信じられないことだし、今日の午後はほんとにハッピーだよ」
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム