ルノーF1 「2026年の新世代F1エンジンの開発はすでに進んで段階にある」
ルノーのF1エンジン責任者は、2026年の新しいレギュレーションに合わせて設計される同社の次世代F1エンジンの開発が“進んだ段階”にあると語る。

F1は、2022年にシャシー側で抜本的なレギュレーション変更を導入したが、F1パワーユニットも今後数年で同じように変更される。2026年に到着する予定の新しいエンジン規制を定義するための協議が続いており、アウディとポルシェが新規メーカーとして参入する予定となっている。


フォルクスワーゲン・グループのCEOを務めるヘルベルト・ディースは、2026年からポルシェとアウディのF1参入を取締役会が承認していることを明かしている。ポルシェはレッドブル・パアートレインズとパートナーシップを組んで参入するといきたいされているが、アウディはチームとして参戦する可能性が強く噂されている。

いずれにせよ、2026年のF1パワーユニットレギュレーションの完全なセットはまだないが、ルノーは“レギュレーションの基本機能”そのまったく新しいパッケージに関する作業はすでに順調に進んでいる。

「我々はすでに新しいレギュレーションに関するいくつかのトピックを扱い始めている」とルノーのF1エンジン責任者であるブルーノ・ファミンはMotorsport-Total.comに確認した。

「ルール自体はまだ最終的なものではない。しかし、我々はすでにそれを扱っている。そして、我々は非常に進んだ段階にある」

Motorsport-Total.comは、ルノーがエンジンアセンブリの“新しい建物”を含むてヴィリー=シャティヨンのエンジン拠点の改築を完了してると報じている。

さらに、ブルーノ・ファミンは、ルノーが「新世代F1エンジンの開発のための準備」にすべて「新しいシステム」と「新しいテストベンチ」に投資していると語った。

「常に投資しなければなりません。常にだ」とブルーノ・ファミンは付け加えた。

「それが我々が今投資している理由だ。2026年にどのような重要な問題が発生するかが分かったからだ。それが我々のシステムを新しいテクノロジーとルールに適応させている理由だ。結局のところ、テストには常に新しいものが必要であり、学ぶべきことが常にある」

ブルーノ・ファミンは、ルノーには独自の機械工学部門がなく、代わりに、エンジンの構築とテストに焦点を合わせており、「サプライヤーと協力して」「部品の大部分」を調達していると説明した。

「社内に機械工学部門がない。これが競合他社との違いだ」とブルーノ・ファミンは語った。

「その後、我々は主に設計とテストポイントに集中している」

アルピーヌF1チームは、ルノーのF1エンジンを使用する唯一のF1チームであり、2021年からグループ・ルノーのワークスチームを引き継いでいる。

スプリットターボ方式に切り替えた新しく設計された2022年F1パワーユニットは、当初は信頼性よりもパフォーマンスに重点を置いていたが、現在は信頼性の目的でのみエンジンの作業が許可されており、新しいエンジンが2026年に到着するまで開発は凍結されている。。

これまでのところ、いくつかの信頼性の問題は発生指定はいるものの、2022円シーズンのさまざまな段階でアルピーヌF1チームはミッドフィールドをリードするペースを示している。

フェルナンド・アロンソは、油圧の問題でクラッシュする前に、オーストラリアでポールを争えるQ3ラップをつなぎ合わせていた。

ブルーノ・ファミンは、それをルノーのアプローチが機能している証拠としてとらえている。

「2022年にパワートレインと車が上位に戻ったという事実は、我々の計算が機能している証拠だ」とブルーノ・ファミンは述べた。

「我々はプレッシャーをかけ続けていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / アルピーヌ