ルノー、アンドレッティと提携してF1参戦をサポート
ルノーのCEOであるルカ・デメオは、2024年にF1の新しいチームになるというマイケル・アンドレッティの入札をサポートするために手を組んだことを認めた。

FIA(国際自動車連盟)とリバティメディアは、マイケル・アンドレッティが率いる『アンドレティ・グローバル』に対してF1への扉をまだ開いていないが、ルノーはアンドレッティがゴーサインを得たときに備えて、F1エンジンを供給するためにサインアップした。

「それを管理しているのは私ではなく、ローラン・ロッシだ」とルノーのCEOを務めるルカ・デメオはアルピーヌのF1ボスに言及した。

「しかし、議論は行われていると思う」とルカ・デメオはf1only.frに語った。

「背後には素晴らしいプロジェクトがあり、手段を持っている有能な人々がいるので興味深いし、F1に役立つ可能性がある」

メルセデス、フェラーリ、さらにはホンダ系列のレッドブル・パワートレインズを含むF1の現在のエンジンサプライヤーのうち、すべてがプライマリーチーム以外と協力しています。

唯一の例外はルノーだ。

「もちろん、現在の状況では、誰かと一緒に参加する可能性を探している」とルカ・デメオは認めた。

「かつてはレッドブルとマクラーレンにエンジンを販売していたが、現在はそうではない」

しかし、ルカ・デメオは、アンドレッティをルノーの「Bチーム」にすることが本当の計画であるとは言い切らない。

「私は必ずしもこのアイデアの大ファンではない」とルカ・デデモは語った。

「F1はAからZまでの仕事をする10チームがふさわしい思う」

「バルセロナA、バルセロナB、バルセロナC、レアルマドリード1、レアルマドリード2のスペインリーグに少し似ているアトレティコにはない。それは私のビジョンではない」

「システムがそのようなものである場合、それは誰かに合っているからだと思う」

したがって、ルカ・デメオは、2026年に計画されたエンジンルールの変更を支持している。これにより、ほぼ確実に2つのフォルクスワーゲン・ブランド(アウディとポルシェ)がF1に参戦することになる。

「良いことだ。もちろん、良いことだと思っている」とルカ・デメオは語った。

「それはスポーツにとっても、ファンにとっても良いことだ」

「私は自動車の男なので、大手自動車メーカーがそれを信じているのを見ると、私は幸せになるだけだが、それは私たちがうまくいく経済方程式と妥当な予算を持っている場合に限る」

「それがコストの爆発的な増加になると、管理できなくなり、ビジネスに悪影響を及ぼす」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / アルピーヌ / アンドレッティ