ルノーのF1エンジン責任者レミ・タフィンが退職…レッドブル加入か?
ルノーのF1エンジン部門の責任者であるレミ・タフィンが、2022年の“大きな進化”に先立って、先月、同社を退職したことが明らかになった。

レミ・タフィンは、ルノーのF1プログラムの長年のメンバーであり、1999年に加入し、ヴィリー=シャティヨンでの作業を担当するエンジンテクニカルディレクターの役割に昇進した。現在、チーム自体はアルピーヌになっているが、エンジンはルノーとしてバッジを付けられている。

先週 AutoHebdo によってレミ・タフィンの退職が最初に報告されたが、7月初旬に相互の同意によって行われたとアルパインのスポークスマンは TheRace に認めた。

レミ・タフィンは、元チーム代表のシリル・アビテブールを追放した主要なリーダーシップのシェイクアップの一環として彼自身がその地位に就任したルノーのローラン・ロッシのCEOでリブランドされて以来、アルピーヌF1時代の最初の重要な退職者となる。

ルノーは、最終的にメルセデスが開拓し、ホンダが採用したスプリットターボチャージャーとコンプレッサーのF1エンジンレイアウトに切り替えることが広く期待されているなかでのレミ・タフィンの離脱となった。

ルノーは、エンジンパフォーマンスと信頼性の両方で大幅な進歩を遂げるのにまだ苦労しているときでさえ、以前はその変更を行うことに固く反対していた。

しかし、最終的に大規模なオーバーホールの必要性を認識し、2021年エンジンは、それを見越して、大幅な変更を加えずに、昨年の設計の更新バージョンにすぎない。

当初、ルノーは2021年にエンジンコンセプトをアップグレードしたいと考えていた。これは、スプリットターボが今年導入された可能性があることを示唆している。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックに対応してタイムラインを変更した。

その後、新しいコンセプトの2段階の開発計画があり、2022年に新しいベースラインを作成し、2023年に再度アップグレードする予定だったが、エンジン仕様が2022年に凍結されることになり、2022年に1つのアップグレードに統合されることになった。

エンジンの弱さは、F1ハンガリーGPの異常な状況での衝撃的な勝利の前にミッドフィールドでのチームの停滞の一部として最近認識されていた。

「これは基本的に、3年間使用してきたマシンと同じであり、同じシャーシ、同じエンジン、同じギアボックスだ」とアルピーヌF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは語った。

「今シーズンは奇跡を期待していなかた。冬の間、より良い仕事をするために、空力側にはまだ機会があったがね」

「直接の競合他社を見れば、まともな仕事をしている。我々は最高の仕事をしたり、最悪の仕事をしたり、まともな仕事をしたりしていないが、もっと良い仕事をすることはできただろう」

「エンジン面では、競合他社はエンジンを開発したが、我々は開発していないため、競合他社に負けてした。それは、来年、エンジンが大幅に進化するためだ」

ルノーF1エンジンの最重要人物だったレミ・タフィンは、早くもレッドブルのエンジン部門への加入が噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / アルピーヌ