ルノーF1:2020年 第1戦 F1オーストリアGP プレビュー
ルノーF1は、2020年のF1世界選手権の開幕戦オーストリアGPにダニエル・リカルド、エステバン・オコンという布陣で挑む。

昨年は、エンジンカスタマーのマクラーレンに敗れてコンストラクターズ選手権で5位に甘んじたルノーF1は、エステバン・オコンという新戦力を獲得して挽回を目指す。

シリル・アビテブール(チーム代表)
オーストラリア以降、長い道のりだった。エンストンでは9週間、ヴィリーでは7週間休業していた。F1コミュニティは、自らを保護するために必要な措置を講じている一方で、パンデミックによってもたらされた課題に対応するために集団プロジェクトにスキルとリソースを配備するために結集している。同時に、FIA、F1、およびチームは、レースが安全な環境に戻れるように効果的な対応を提供するために膨大な作業を行ってきた。我々は今、この新しいモードのオペレーションに適応する必要があるが、コース上でマシンを目にすることは、健康面での進歩のポジティブな合図だ。競争は再開され、競争力と進歩という従来の二重の目的も達成される。我々の観点では、キャンセルされたレース3、5、6で計画されているシャシーのアップグレードをオーストリアにもたらすために多くの作業が行ってきた。これは、前シーズンのレッドブル・リンクでのマシンの問題を思い出い返せば特に重要だ。テクノロジーだけでなく、スタッフにとっても大変な季節であり、誰にとっても非常に不穏な時期に続く、厳しいスケジュールだ。ヒューマンな要素は標準的な季節よりもおそらく重要となり、最終的な結果においては、各人の役割が決定的となるだろう。これは明らかに我々のドライバーにも当てはまるが、二人ともリターンとチャレンジの見通しに非常にやる気を高めている。

ダニエル・リカルド
レースが待ち切れない! レースをしたり、それが何であれ本格的な競争してから長い時間が経っている。今はそれが目前に迫っているし、今月初めのオーストリアでのテストでそのことを味わった。2年前のマシンなのにクモの巣を振り払うのは本当に気持ちよかった。再びそのレース環境にいるのはクールだったし、すべてのエンジニアとメカニックもそうだったと確信している。さまざまなソーシャルな制約が課されてはいるけど、ガレージでは興奮してスキップしていたよ! 誰にとっても未知の領域だったし、その間もずっとポジティブでいることが重要だったと思う。1つの場所に長期間滞在し、1つのタイムゾーンに滞在し、よく眠り、その時間をリカバリーに当て、自分のコンディションを改善できたのは良いことだった。もちろん、レースが恋しかったけど、それがなかったので、F1カーを運転することへの愛情を改めて実感した。ビジネスに戻ることが重要だ。僕たちは再びレースをすることにとても興奮している。シーズンが通常よりも短く、ペースが非常に速いことはわかっているので、折り合いをつけて全力を尽くしていく。いくつかのポイントを獲得し、うまくシーズンを開始し、良い勢いを築くための確固たる基盤を築きたいと考えている。冬のテストでは、クルマは良い進歩を果たしていたと思う。どうなるかは完全にはわからないが、それはすべてのチームじとって同じことだ。オーストラリアでレースするマシンとは少し違ったクルマになっているし、その答えは今週わかる! 僕たちは自分自身に焦点を当てている。ミッドフィールドがかなりタイトになることはわかっているけど、このサーキットでは昨年よりも良い結果を出すことが目標だ。どの位置で終えられるか見てみよう。全力を尽くすし、チームの全員も同じだと確信している。

エステバン・オコン
再びF1グリッドに並ぶのを1年半待っていたし、最初のレースにとても興奮している。シーズンが始まるのは素晴らしい感覚だ。僕たちは目標を設定している。僕たちはコース上で何を達成したいのかをわかっているし、僕もマシンで何をしなければならないかはわっている。この最初のレースの準備には多くの作業が費やされた。僕は素晴らしいチームにいるし、競争力のあるマシンを運転することに飢えているのは確かだ。再びマシンを運転できたのはとても有益だったと思う。この数か月間、ホームシミュレーターでプレイした後、リアルなトラックで走ることができて本当に良い気分だったし、クールだった。再びガレージから出ていくのはとても特別な気持ちだった。ペースを取り戻すのに時間やかからなかった。自分が鋭いままで、速いと感じたし、確実にレースの準備ができている。これまでチームにとって最強のサーキットではなかったと思うけど、今年それを変えるだろう。マシンはバルセロナで好調だったし、間違いなく多くのことを学んだ。有望に見えりけど、マシンには新しいものもいくつかある。金曜日にはたくさんのデータ収集し、改善点を確認したり、他に何を変更できるかを確認いて、もう一度スピードアップしていく。それを楽しみにしている、我々はポイントを獲得することを目標としている。シュピールベルクは、2012年のフォーミュラ・ルノー時代にシングルシーターで初めて表彰台を獲得した場所だ。過去にそれなりの結果を出しているけど、今の状況に焦点を当てている。週末にトップ10でフィニッシュすることにね。ファンがいないのは不思議な感じだと思うし、応援してくれるファンを恋しく思うだろう。テレビで見ている彼らに良いショーを提供したいし、シーズン後半には彼らに会えるかもしれない。

関連:2020年 F1オーストリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F1オーストリアGP