ルノーF1 「2021年のレギュレーションは我々の方向に向かっている」
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ルノーF1チームは2021年のF1レギュレーション変更から最も利益を得られるチームだと考えている。

2021年から導入される技術および商業規則の変更により、F1は新たな時代に舵を切られ、チームはより公平な競技と財政の場が与えられることが期待されている。

2016年にワークス復帰したルノーのF1へのトップへと返り咲くための5か年計画と2021年のタイトルへの挑戦は数年遅れている。

ルノーF1チームのパフォーマンスは過去数シーズンで停滞しており、昨年はエンジンカスタマーのマクラーレンに“ベスト・オブ・ザ・レスト”の地位を奪われた。

しかし、シリル・アビテブールは、ルノーF1チームはライバルとのギャップを縮めているだけでなく、ライバルが混乱している時期にF1での将来を強化する大きなチャンスを得られると確信していると語る。

「我々は2021年の取引と一連のレギュレーションの主な受益者だと思う」とシリル・アビテブールは Motorsport-total.com に語った。

「レギュレーションが我々のために設計されたとは言えないが、我々の方向に向かっているのは確かだ」

しかし、現在、ルノーの暫定経営陣は、ブランド戦略的の見直しを行っており、その潜在的な結果としてF1からの撤退の可能性も残されている。

「私の観点では、我々が構築したすべてのことは2021年を燃料において行われている。ルノーのコーポレトを含め、全員がそれを認識している」とシリル・アビテブールは語る。

「数字がそれ自体を物語っている。とは言え、決定が下されるまで、何も決定事項はない」

しかし、F1とのチームとの財政的関係を管理する重要な法的文書である次のコンコルド協定によって暗示されるため、ルノーの経営陣がF1にとどまることの賛否を評価するのに時間がかかるだろう。

「パラレルストリームだと思う」とシリル・アブテブールは説明する。

「一方では、FIAとFOMとチームがコミットしなければならないことがある。ドキュメント自体については多くの議論が行われている。数百ページの契約を見ているが、しばらく時間がかかる」

「我々自身のパフォーマンスと並行して、動き続け、改善し、進歩し続けなければならないストリームもある」

「ルノーは確かに独自の戦略と計画を立てている。我々はまだ暫定的な管理を行っており、実際にその管理と定期的に連絡を取り合っている」

「この2つは並行して行われ、良い方法で発展していくことを期待している。私の意見では、第一四半期/第二四半期がより重要になると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー