ルノー、今季でF1撤退の噂を否定 「2020年のプロジェクトは進行中」
ルノーF1チームは、2020年シーズン限りでF1から撤退するとの噂を否定した。

カルロス・ゴーンの汚職スキャンダル、2019年シーズンの期待外れな成績、2020年限りでのエンジンカスタマーがいなくなる状況、そして、最も直近ではブレーキバイアスシステムの不正行為など、ルノーにとって逆風が吹いており、F1からの撤退が噂されている。

ルノーの15%の株式を方有するフランス政府は、最近、同社のCEOにクロチルド・デルボスを任命。彼女はF1プログラムの存在に大きく反対していることで知られている。

ルノーがF1から撤退する可能性について質問されたクロチルド・デルボスは「すべてがテーブルに置かれます」と語っている。

しかし、ルノーF1チームの広報担当は、それらの噂は“チームを不安定”にさせるためものだとし、2020年のマシン開発の“プロジェクト”は“ヴィリー=シャティヨンとエンストンで今も進行中”だと f1only.fr に語った。

一方、ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、レッドブルから獲得したトップドライバーのダニエル・リカルドに満足していると語る。

「彼が大きな責任を引き受けているのを感じることができる。彼はマシンだけでなく、チームのためにもますます活躍している」とシリル・アビテブールは Auto Hebdo に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー