ルノーF1チーム 「2019年はこれまでで最も厳しいシーズン」
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、2019年はこれまでで最もチャレンジングなシーズンだと認める。

2018年にベスト・オブ・ザ・レストとなるランキング4位でシーズンを終えたルノーは、2019年にダニエル・リカルドを獲得し、3強チームにチャレンジすることが期待された。

しかしながら、マシンの空力性能とエンジンの信頼性の両方に苦しみ、エンジンカスタマーのマクラーレンが復調したことも組み合わさり、今季はコンストラクターズ選手権5位に沈んでしまっている。

今シーズンを振り返ったシリル・アビテブールは、これまでで最も厳しいシーズンだと認める。

「プレッシャー? 非常に高い。タフなシーズンであり、個人的に私にとって最も厳しいシーズンだ。高い期待によってね」とシリル・アビテブールはコメント。

「我々はずっと4位でフィニッシュしたいと言ってきたが明らかにその位置にはいない。5番手だ。だが、我々のアクション、特にダニエル(リカルド)と投資によって人々の我々に対する期待はより高くなったと思う。そうはなっていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー