F1 ルノーF1チーム フランスGP
ルノーF1チームは、2019年 F1第8戦 フランスGPの決勝で、ダニエル・リカルドが7位(※)、ニコ・ヒュルケンベルグが9位(※)でレースを終えた。

シリル・アビテブール (チーム代表)
「ルノーのF1エンジンを搭載したマシンがこのグランプリを盛り上げていたのは確かだ。7位と7位はスターティングポジションを考えれば、ベストポジションでのフィニッシュだったと思うし、ファンもそう受け止めていると思う」

「ダニエルは最高のスタートというわけではなかったが、戦略とアグレッシブな走りのおかげで反撃したニコはレースを通してキミを追いかけた。彼の方が速かったが、追い抜きを成功させるには十分ではなかった。ダニエルに科せられた10秒ペナルティによって彼はポイント圏外に脱落することになる。最終コーナーでは4人の素晴らしいドライバーによって安全かつ激しい戦いだったし、それ以外位は平凡だったレースでおそらく最もスリリングなポイントだったと思うので、がっかりしている。コース上でクルマヲオーバーテイクするのは全員にとってチャレンジングだったし、再び予選が週末の決定的な部分であり、そこが我々の改善する焦点であることが示された」

ダニエル・リカルド (7位)(※)
「昨日、Q3に進出できなかったのは少し残念だったが、ソフトよりも異なるタイヤでスタートする方がはるかにいいことはわかっていたのでそうした。最高のスタートとは言えなかったが、幸運なことにストレートでそれほど失うことはなかったし、次の数コーナーで挽回することができた。僕たちはハードタイヤでスタート後に強いポジションにいたけど、レース全体でヒュルケンベルグを抑えなければならなかった。午後の大半はルノー勢との素晴らしいバトルになったし、最終的に前のクルマを捕えることができた。最後の数周はとても激しく、楽しかった。僕たちがミッドフィールドの他のクルマと戦うことができたのは本当に嬉しい。僕たちにはスピードがあったし、最後は良い結果を出すことができた」

ニコ・ヒュルケンベルグ (9位)(※)
「ポイント圏外でフィニッシュしたのは残念だったが、ソフトタイヤでスタートすることになったのは僕たちのせいだ。土曜日の良いパフォーマンスのために払わなければならない代償だった。でも、事実上、僕のレースはスタートで妥協を強いられてしまった。ソフトが持たなかったので早めにピットインしたけど、、最終的にレースをフィニッシュするためにもう1回ピットストップしなければならなかった。それでも力強い予選ができたのはポジティブに受け止めることができるし、もちろん、ポイントに戻れたことはチームにとって重要だった。もっと良い結果でアルファロメオの誕生日を祝いたかったけど、僕たちは競争力を示したし、今後のレースでもこの状態を続けられることを期待している」

F1フランスGP 最終結果 | リカルドが11位に降格、ガスリーが10位に繰上

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | F1フランスGP