F1 ルノーF1
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、2019年の第2戦バーレーンGPはエンジンの進歩を披露する絶好の機会だと自信をみせる。

今年、トップ3チームとの差を縮めることを目標に掲げているルノーだが、開幕戦オーストラリアGPではニコ・ヒュルケンベルグが7位、ダニエル・リカルドがリタイアと期待通りの結果を出すことができなかった。

「我々はモチベーションを高めてバーレーンに向かっている」とシリル・アビテブールはコメント。

「過去のシーズンであれば、開幕戦を7位でフィニッシュできたことに満足していただろう。だが、今年は少しがっかりしている」

「我々のクルマはミッドフィールドのトップエンドを争える実力があると感じているが、実際に予選とレースという重要なときに常に示すことができたわけではなかった」

「バーレーンではもっと多くを示す決意だ。我々はエンジン側で成し遂げたステップを明確に示さなければならないし、2019年の第2戦はそれを披露する機会だ」

「我々はいくつか空力アップデートを持ち込む予定だし、すべてのレースでそうしていく。また、週末全体を通しての一貫性を目指す必要もある。ドライバーがそれぞれの最大限のパフォーマンスを引き出すためにはすべてのセッションでバランスのとれた信頼性のあるクルマを届ける必要がある。同様に我々はすべてのエリアで卓越した運用を目指す必要がある」

「両方のクルマがポイントを獲得することがターゲットであり、チームのクオリティを示したいと思っている。我々がこの道を辿っていくには懸命に頑張に仕事をしていかければならない」

関連:2019年 F1バーレーンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー