F1 ルノー メキシコGP
ルノーは、F1メキシコGPの決勝レースで、ニコ・ヒュルケンベルグが6位、カルロス・サインツはリタイアでレースを終えた。コンストラクターズ選手権4位のルノーは、5位のハースとの差を30ポイントに広げた。

シリル・アビテブール (マネージングディレクター)
「今日はニコが6位のためにインテリジェントなレースを走り、チャンピオンシップ争いで我々のために力強い結果を残してくれた。また、レッドブルが素晴らしいパフォーマンスを発揮し、ルノーを搭載したマシンが表彰台の頂点に立った」

「週末をとして我々はメキシコで良いペースを示すことができたし、それはオースティンでのパフォーマンスを繰り返すものだった。これは我々のチームが最後まで激しい戦いを続けていることを示している。カルロス、そして、チームの全員にとってリタイアは非常に残念だった。彼は素晴らしい仕事をしていたし、多くのポイントを獲得できていたはずだ。ルイスの5回目のワールドチャンピオンシップタイトルを祝福したい。彼とメルセデスは非常に高いバーを設定したし、それが今後への刺激になるのは間違いない。2010年は残り2レースだが、我々は力強くシーズンを終えることを目指している」

ニコ・ヒュルケンベルグ (6位)
「僕たちは2週連続で良い週末を過ごして多くのポイントを獲得した。1ストップ戦略を達成するために少し孤独なレースではあったけど、とても落ち着いた堅実なレースだった。レースを通してクルマとタイヤを管理しなければならなかったし、チーム全体が週末ずっと良い仕事をしていた。カルロスが完走できなかったのは残念だ。それがなければ、僕たちはまた6位と7位でフィニッシュして、チームのために大量のポイントを獲得できていたはずだ。それでも僕たちはドライバーズとコンストラクターズの両方の選手権でレースを広げることができたし、それはとてもポジティブだ」

カルロス・サインツ (リタイア)
「今日は本当に残念だった。僕たちは快適にミッドフィールドをリードしていたし、ポイントを争っていた。そのあと、警告もなくクルマがシャットダウンした。1周目にあれほど良いスタートを切っていたので本当にフラストレーションを感じるけど、それがレースだ。今シーズン、それほど多くの信頼性トラブルは発生していかったけど、ミッドフィールドをリードしているときにそれが起こってしまったのはちょっと不運だし、偶然にも今日再び発生してしまった。問題を調査して、前に進まなければならないい。僕たちは戦い続けていくし、最後の2ラウンドでポイント獲得を目指し、コンストラクターズ選手権で4位を獲得することを目指していく。僕たちはもっと多くの結果に値したけど、少なくともニコがポイントに留まってくれたので、チームとしては悪い結果ではない。ルイス・ハミルトンが5度目のタイトルを獲得したことを祝福したい」

関連:【動画】 F1メキシコGP 決勝ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F1メキシコGP