F1 メルセデス チームオーダー
ルノーのF1チーム代表シリル・アビテブールは、チャンピオンシップをほぼ手中に収めているにも関わらず、メルセデスがチームオーダーを発令していることに理解を示している

ルイス・ハミルトンは、すでにセバスチャン・ベッテルに対して大きなリードを築いており、もはやメルセデスにいはバルテリ・ボッタスの“ナンバー2”としてのサポートは必要ないと考える見方が多い。

しかし、シリル・アビテブールは、メルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフの判断を理解できると語る。

「コンコルド協定の経済構造を見れば、コンストラクーズタイトル獲得には大きなアドバンテージがある」とシリル・アビテブールは Auto Hebdo にコメント。

「同時に誰も覚えているのはワールドチャンピオンを獲得したドライバーの名前だけだ。それら2つのファクターをいかに調和させるかの問題だ」

「チームのルールを完全に透明にしておいた方がいいと思うし、メルセデスの状況の管理の仕方は私としては最も適切だと思う」

ルイス・ハミルトンは、来週末のF1アメリカGPで優勝し、セバスチャン・ベッテルが3位以下であれば、5度目のF1ワールドチャンピオンが確定する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | メルセデス