F1 ルノーF1 レッドブル
ルノーF1のチーム代表シリル・アビテブールは、F1シンガポールGPのマックス・フェルスタッペンの2位表彰台は“スペックC”エンジンの成果だと考えている。

ルノーF1は、スペックCにまだ信頼性のリスクがあることを警告していたが、ワークスチームとカスタマーのマクラーレンはまだ最新のエンジンを投入することを見送っている。

しかし、レッドブルは導入を強行。F1シンガポールGPの週末ではマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドの両方がマッピングの問題に苦しめられたが、フェルスタッペンは予選でフロントローを獲得し、レースでも2位表彰台を獲得した。

シリル・アブエブールは、その結果はルノーのスペックCエンジンのポテンシャルを示す良い指標になったと語る。

「完璧ではないことがわかっている状況を考えれば、スペックCに注いできたすべての努力に対して良い報酬だ」とシリル・アビテブールは Autosport にコメント。

「だが、我々は15kWの堅実な増加を実現する能力があることがわかったし、それは予想していた通りのことだった。まさにそれが起こっている」

「ダニエルはマッピングの制限への対処方をいくつか見つけていたと思う。週末後はマックも彼のやり方を見つけたかもしれない」

「だが、正直に言えば、エンジンに対処する方法はドライバーではなく、我々の責任だ。しかしながら、スペックCには特定のリスクが伴うことは明らかだったし、いつものようにこの合意は全員にとって尊重されることを期待していた」

レッドブルは、次戦ロシアGPでスペックBに戻す可能性があることを示唆しているが、シリル・アビテブールはスペックCを最適化できると確信していると語る。

「もちろん、マッピングは対処される。だが、マッピングは我々が行くすべてのトラックの要因でもあり、我々はそれをどのように探求し、レッドブルと良い仕事ができるかを見ていくつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー