ルノー F1ヨーロッパGPに出走
FIAは、ルノーのヨーロッパGP出走を許可することに決定した。

ルノーは、ハンガリーGPの決勝レースで、フェルナンド・アロンソの右フロントホイールが完全に取り付けられる前にピットからリリース。FIAは、これを危険行為とし、ヨーロッパGPの出走停止を言い渡していた。

本件に対して、本日パリの国際控訴裁判所で公聴会が行われ、FIAはルノーのヨーロッパGP出走を許可。ルノーには5万ドルの罰金が科せられることになった。

判決

ルノーは、裁判所に対し、プラクティスとレースを通して、カーナンバー7の安全性の条件を満たすことができず、ピットストップ後の安全ではないときにマシンをリリースし、スポーティングレギュレーションに違反したことを認めた。しかし、裁判所にスチュワードによって科せられた処罰の厳しさを再考するよう要請していた。

当事者の主張を聞き、裁判所は以下の通り決定した。

1.控訴を認め、スチュワードによって科せられた処罰を覆す

2.戒告を発令し、ルノーに50,000ドルの罰金を科す

判決の理由は、後日公表するものとする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー