F1 ルノーF1
ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、2019年にワークスルノーはフェラーリやメルセデスといったチームと戦えるようになると考えている。

2016年にワークス復帰したルノーは、順調にパフォーマンスを向上させており、今シーズンは現時点で中団グループで快適にリードを築いてコンストラクターズ選手権4位で3強を追っている。

さらにルノーは2019年にむけてトップドライバーの一人であるダニエル・リカルドを獲得した。

「エンジンは、ポールポジションにクルマを置き、レースに勝ち、タイトルを争えるくらい十分に優れている」とシリル・アブテブールは Auto Motor und Sport にコメント。

「レッドブルがそれを証明している。レッドブルがそれを証明している。レッドブルに問題がなければ、彼らはタイトルを争うだろう。エンジンに関連した彼らの問題は2つだけだった」

さらにシリル・アブテブールは、2019年のワークスルノーの順位についてかなり大胆な目標を掲げた。

「我々は2019年にメルセデスとフェラーリに追いつくと確信している」とシリル・アブテブールはコメント。

「パフォーマンスの向上には満足していいるが、まだ信頼性が足りない。シャシー面では我々はまだ空力的に遅れている」

シリル・アブテブールの予想が正しければ、2019年はメルセデス、フェラーリ、レッドブル・ホンダ、そして、ルノーの四つ巴のバトルが繰り広げられることになるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー