F1 ルノーF1 レッドブル・レーシング
ルノーF1は、異なる燃料を使用するレッドブル・レーシングは、新スペックのパワーユニットの効果を最大限に生かし切れていないと語る。

ルノーとカスタマーチームのマクラーレンはBP/カストロールの燃料と潤滑油を使用しているが、レッドブル・レーシングはエクソンモービルと契約を結んでいる。

エンジンを開発する際にはエクソンモービルを使用したレッドブル・レーシング専用のダイナモセッションも実施されるが、BP/カストロールでのセッションよりも実行時間は短くなる。

BP/カストロールは、F1スペインGPでアップグレード版の燃料を投入しており、ルノーとマクラーレンはその恩恵を受けている。ルノーのエンジン・テクニカルディレクターを務めるレミ・タフィンは、新しい燃料によってコンマ1秒のゲインを得ていることを明らかにしている。

ルノー・スポールF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、レッドブル・レーシングはF1カナダGPで導入された最新エンジンでのパフォーマンスを十分に生かせていない可能性があると指摘する。

「私はレッドブルには勝てるペースがあると密かに期待ていた。彼らはそれにとても近かったが、そのレベルにはいなかった」とシリル・アビテブールは Autosport にコメント。

「我々にはもっと多くのポテンシャルがあるし、燃料からもっと多くのパフォーマンスを発揮できるはずだ。それは明らかだ」

「我々はハードウエアやソウトウエアなど、我々がコントロールできる部分のパフォーマンスの同等性は保証することができる。だが、燃料のようなそれ以外の部分は保証できない」

「彼らは戦略的かつ商業的な理由から独自のパートナーで行くことを選び、我々はそれを認識している。我々は彼らの製品のボモロゲーションをサポートしている。

「エクソンにはキャッチアップする能力がなければならないが、彼らは少し遅れをとっている。インストロールも若干異なっている。それが理由で小さな相違点があるが、我々はそれを受け入れている」

シリル・アビテブールは、F1カナダGPで導入した新スペックのパワーユニットは期待通りのパフォーマンス向上を示しており、6台のクルマに対して優れた信頼性を示していたと語る。

「(マクラーレンのフェルナンド)アロンソがERSに不満を言っているのを見て、しばらく息が止まった。だが、それはルノーのパーツではない別の問題だったと理解している」とシリル・アビテブールはコメント。

「Bスペックの導入はとても良く、興味深いものだった。非常に競争力のあるトップスピードをみせている。ホンダも少しのステップを果たしていた」

「我々はルノーのエンジンが何を提供できるかを正確に把握しており、数カ月前ではないにしても、数週間前に告知したものを供給している」

現在、レッドブル・レーシングは、過去にダブルタイトルを4連覇したルノーとの契約を更新するか、もしくは姉妹チームのトロロッソにF1パワーユニットを供給するホンダとワークス契約を結ぶかを検討している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / レッドブル