F1 ルノーF1 カナダグランプリ 2018年のF1世界選手権
ルノーF1は、F1カナダGPの予選でニコ・ヒュルケンベルグが7番手、カルロス・サインツが9番手だった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (7番手)
「今日の結果には満足している。昨日の走行不足によって予選にむけて出遅れてしまったと感じていたけど、週末を通してクルマには自信を持っていた。ポジション的にベストを尽くせたと思う」

「Q3ではあとコンマ数秒は引き出せるポテンシャルがあったかもしれない。僕たちにはトップスピードがあるし、昨日の燃料を積んだ走行では全体的に良いパッケージがあったと感じているので、明日はポジションを争えると思う」

カルロス・サインツ (9番手)
「今日の内容にはかなり満足している。今回のQ3は予選で走れるようにターボを交換して、クルマを仕上げてくれたメカニック全員のおかげであることは間違いない。チーム全体による素晴らしい仕事だった。明日に関しては、僕たちには良いペースがあるけど、タフなレースになるだろう。ハイパースタートでのスタートは特にね。でも、僕たちは2台揃ってトップ10で終えられるように全力でプッシュしていく」

関連:F1カナダGP 予選:セバスチャン・ベッテルが驚速のポールポジション!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | F1カナダGP