F1 ルノーF1
ルノーF1のチーム代表シリル・アブテブールは、F1は2021年のエンジンフォーマットに関してコンセンサスを得るには程遠い状況だと語る。

昨年10月、リバティメディアは2021年のF1エンジン案を提示。独立系のエンジンメーカーがF1に参入することを目指した安価で技術的に簡素化したエンジンコンセプトを打ち出した。

リバティメディアの提案では、1.6リッター V6ハイブリッドという構造を維持しつつ、エンジン音を大きくするために3000rmpに回転数を増加。複雑でコストがかかるMGU-Hを廃止し、複数のコンポーネントを標準化することでコスト削減を図ろうとしている。

しかし、このコンセプトに対してフェラーリとメルセデスは猛反発。フェラーリはF1撤退も辞さないという強硬な姿勢を打ち出している。

ルノーは現状を維持するべきとのスタンスをみせている。

エンジン面で進歩は見られたかと質問されたシリル・アビテブールは「いいや。何も新しいことはない。議論は続いており、意見はまだ割れている」と Auto Hebdo にコメント。

「我々はいくつか問題のある現在のエンジンを改善する必要がある。もっと音量を大きくして、パフォーマンスを向上させる必要がある」

「燃料消費量、コンポーネントの走行距離、エンジンペナルティなどでそのポテンシャルを制限するのはやめよう」

「だが、なによりも将来のベースとして現在のエンジンをベースにしてみるのはどうだろう。2021年に革命など必要ないし、誰もそんなことは望んでいない」

2017年、ルノーはMGU-Hの信頼性に悩まされてきたが、シリル・アブテブールはMGU-Hテクノロジーを将来のエンジンから取り除くのは良いアイデアはないと語る。

「現在の見通しでは、私はMGU-Hは好きではないと言わなければならない。しかし、2020年までに我々は問題をコントロールできるだろう」

「そうすれば、マニュファクチャラーやカスタマーにとって安価になるだろう。だが、新しいエンジンコンセプトで全てをゼロから再びスタートすることになる」

「それだと、また正しいソリューションを見つるソリューションと間違ったソリューションのメーカーが出てきて、フィールドが2つに分けられることになる。既存のコンセプトから逸脱する理由はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー