ルノーF1 F1 ブラジルグランプリ
ルノーは、F1ブラジルGPの決勝で、ニコ・ヒュルケンベルグが10位、カルロス・サインツが11位だった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (10位)
「スパ以来となるポイントを獲得できてよかったけど、かなり平凡なレースだった。スタートでポジションを落とし、ハミルトンとリカルドに抜かれ、順位を上げるのは難しいタスクだった」

「レースを完走できてよかったけど、その一方で今日の僕たちにはペースが不足していた。全力でプッシュしていたし、もっと良い結果を出すことができなかったのは残念だ。もう僕の焦点はアブダビでの最後の戦いに向いている」

カルロス・サインツ (11位)
「とても良いスタートが切れたけど、残念なことに、フェリペに押し出されてフロアに少しダメージを負ってしまった。その後、クルーが超高速のピットストップをしてくれたけど、かなり行列になっていて順位を上げためにやれることはあまりなかった。今日のクルマの感触は申し分なかったけど、ペースが少し不足していた。でも、良いスタートを切って、クルマでまた貴重な71周を蓄積することができたのでかなりポジティブなレースだったと言いたい。あと残り1レースだけだし、ここでポイントを獲得できなかったのは期待外れだったので、アブダビではポイントを獲得するために全てを出し切りたい」

関連:F1ブラジルGP 結果:セバスチャン・ベッテルが今季5勝目

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F1ブラジルGP