ルノーF1
ルノーは、2018年F1シーズンにむけて“保守的”な考え方を捨てると宣言。これまでオイル燃焼戦略などについて“フェアすぎた”と述べ、予選パフォーマンスの改善を誓った。

今年、ルノーは進歩を果たしてはいるものの、メルセデスやフェラーリのように予選で追加のパワーを生み出すことができていない。

ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、ルノーがあまりに安全に進めすぎていたと認める。

「パフォーマンスを生み出すために損害を受け入れることや、信頼性を犠牲にすることは、エンジン屋にとって完全に直観的なものではない。そのようなことをするのはルノーの哲学ではなかった」とシリル・アビテブールはコメント。

「F1でのルノーの歴史の中で、我々はエンジン開発面でパフォーマンスを発展させていく際に保守的な面があった。私はそれがまだハンディキャップだと思っている」

「我々はその哲学から脱却しようとしている。我々の組織に加入した新しい人材によってもたらされた考え方の大きな変化だ」

またシリル・アビテブールは、ルノーは“オイル燃焼”の規制緩和の恩恵を受けることになると期待している。

「レギュレーションは変わりつつあり、オイル燃焼に関してはもっと厳しいものになるだろう。そこは我々がまったく追及していない分野だ。レギュレーションにはまったくない分野だからね」

「我々の解釈は非常に公正なものであり、それも我々のスタイルだ。たまに少し過剰すぎることもあったかもしれない。なので、予選モードでキャッチアップしていくことにおいて、我々はレギュレーションの進化によって支えられることになるかもしれない」

シリル・アビテブールは、ルノーがヴィリーのダイナモで見つけたゲインは“いつでも利用できるパフォーマンス”だが、「我々はまだ信頼性を犠牲にしてパフォーマンスを作り出すことを自分たちに許せるかどうかという点でハンディキャップを抱えている。そこは土曜日にキャッチアップするために必要なものだと考えている」と述べた。

シリル・アビテブールは、メルセデスに対するルノーのレースペースの不足は1周あたり“コンマ2~4秒”だが、予選に関しては“コンマ5秒くらい”あると考えている。

ルノーは、レースでのギャップは“最高のシャシーで補えるタイプの不足分”であり、レッドブルのF1マレーシアGPでの勝利はシャシーの進化が大きく貢献したと認める。だが、“土曜日に関しての類似した状況には説明することができない”とシリル・アビテブールは語る。

「レッドブルは、シーズン開幕時の困難の後、今ではベストなシャシーを造り出しているかもしれない。彼らはパワーの不足分を管理しており、勝利する能力をシャシーに与えている」とシリル・アビテブールはコメント。

「だが、それはV8時代にチャンピオンシップを勝ったときの状況と実際には変わりはない。我々のエンジンはグリッドで最もパワフルなものではなかったが、我々はすべてを一緒に機能させることができていた。彼らは素晴らしいシャシーを造り出し、我々は4年連続でタイトルを獲得した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー