ルノーF1
ルノーは、2018年のF1エンジンのToDoリストの最上位にメルセデスやフェラーリと戦うための競争力のある“予選エンジンモード”を搭載することを挙げている。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ルノーにはメルセデスやフェラーリのような競争的な予選エンジンモードがないことを指摘している。

ルノーは、2018年シーズンにむけて一発の速さを向上させることを目標に掲げていると述べた。

ルノー・スポールF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、F1マレーシアGPでレッドブルのマックス・フェルスタッペンがメルセデスのルイス・ハミルトンを倒して勝利したことで実証されたように、ルノーのF1パワーユニットは強力な進歩を果たしたと感じている。

しかし、シリル・アブテブールは、ルノーはまだメルセデスやフェラーリと同等なエンジンは達成できていないとし、2018年にはエンジンに予選モードを設定することに重点を置いており、それを変えることができると自信をみせている。

「我々はかなりキャッチアップしていると思うし、実際にルノーのパワーユニットは、レースではまともに戦えるものになっていると思う。だが、予選では何かが欠けているのは確かだ」とシリル・アビテブールはコメント。

「もちろん、常に安全な走行とアグレッシブな走行とでバランスをとっているし、我々のパフォーマンスのポテンシャルが高ければ高いほど、土曜日によりアグレッシブに行動する必要がある」

「それは来年に予選しているものだ。レギュレーションは土曜日に関連した不足分の橋渡しをしてくれると信じている」
「ポジティブなことだ。マクラーレンもそれを確認しており、今後3年間に我々とは働くという決定の一因になったと思う」

F1日本グランプリでは、レースではマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを追い詰めたものの、予選ではレッドブル勢はポールシッターのルイス・ハミルトンに約1秒の差をつけられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー