ルノー F1 オリバー・ローランド
ルノー・スポールF1チームは、2017年の開発ドライバーとしてオリバー・ローランドを起用することを発表した。

今年、DAMSからF2選手権に参戦するオリバー・ロータンドは、ルノーF1チームのシミュレータープログラムに取り組みつつ、コース上での走行にも参加することになる。

オリバー・ローランド
「F1での役割を得ることはずっと僕の目標だったし、自分のすべてのハードワークが成果を挙げたとわかって本当に嬉しい。ルノー・スポール・アカデミーは完璧なトレーニングの場だったし、ルノー・ファミリーないでフォーミュラ・ルノー2.0や3.5、そして、アカデミーで過ごした後、開発ドライバーの役割は素晴らしいステップだ。去年はエンストンでのシミュレーター作業を含めてたくさんのことを学んだし、この役割のための準備はできていると感じている。チームの一員になることを誇りに思うし、R.S.17の開発でチームを手助けできるよに全力で頑張っていく」

シリル・アビテブール (ルノー・スポール・レーシング マネージングディレクター)
「我々はオリバーのことをとても良く知っており、ルノー・スポールF1チームでのこのポジションで彼の仕事に報いることをとても嬉しく思う。開発ドライバーはチームの重要なポジションであり、我々のことをすでに良く知っているドライバーを起用できるのは非常に興味深いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | F2