ルノー
ルノーのスタッフは、来シーズンのワークスチーム復活を前に現在のロータスの拠点であるエンストンに戻り、すでに統合を開始していると Autosport は報じた。

また、 Autosport は、ロータスの買収計画を継続してており、2週間前にマノーの技術コンサルタントを辞任したボブ・ベルが、ルノーにすぐに復帰すると報じている。

ボブ・ベルは、2011年にメルセデスに加入して主にテクニカルディレクターとして働く前に2001年から2010年までルノーで働いており、2008年には“クラッシュゲート”事件を受けて、翌年にチーム代表を務めたことがある。

ルノーは、F1日本GP後にロータスの経営支配権の取得に関する基本合意書にサインし、単なるエンジン供給元ではなく、ワークスチームとして復帰する意向を発表している。

ボブ・ベルの雇用は、雇用活動の一環であり、ルノーは後数週間で買収を完了させるとみられている。

ロータスの副チーム代表を務めるフェデリコ・ガスタルディは「シンガポールと直後にいくつかの会議が行われた」とコメント。

「エンストンにはルノーから様々な人材が来ており、我々と面会している」

「彼らは来シーズンのマシンの開発を続けるのを手伝うために人材をよこしている。我々にはマーケティングと管理の人材がおり、それを断片的に仕上げて、動き続けている」

ロータスが再びルノーになる日についてフェデリコ・ガスタルディは「ルノーは世界で最大の自動車メーカーのひとつだ。そこには手順がある」とコメント。

「彼らはデューディリジェンスのプロセスを進めており、ロータスの取締役はそれを認め、現在、彼らはすでに取締役会で働き、推進している」

「それが進行中の状況だ。人々が『なぜ契約がまだ完了していないのか?』と尋ね続けるかを理解している」

「我々は音楽よりも早く踊ることはできないというのが理由だ。我々は忍耐強くなければならないし、起こっていることを進めなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ロータス