カルロス・ゴーン ルノー F1撤退
ルノーは、F1撤退という選択肢をまだ除外していない。

週末のフォーミュラE ロンドン大会を訪れたルノーのカルロス・ゴーンCEOは、唯一、確実なことは、ルノーがフォーミュラEに完全にコミットしていることだと述べ、F1に関しては、ルノーの“費用対効果”次第だと述べた。

ルノーは、レッドブルとトロ・ロッソに対して2016年までパワーユニット供給契約を結んでいる。

しかし、それ以降は、F1撤退というドアも開いている。

「F1は非常に興味深い規律だ」とカルロス・ゴーンはコメント。

「非常に有名で、多くの人々がフォローしている。エンジンを開発している際、勝ったときは忘れられ、負けたときは強調されるという特別扱いがある」

ルノーは、チームを買収することによってイメージ改善に動くと噂されているが、カルロス・ゴーンは「そこに意味があるのであれば、イエスだ。我々はいかなるオプションも除外しない」と認める。

しかし、カルロス・ゴーンは、単にエンジンサプライヤーとしてF1に留まることは「ありそうにない」と述べた。

また、カルロス・ゴーンは、F1から完全に撤退することが第3のオプションだとし、それはF1が“ガバナンス”を改善するかに依存すると述べた。

「F1はより合意的な経路を辿るべきだ。お金を投資し、その投資に対する構成なリターンを得ることができるショーを作らなければならない」

「それが我々次第であるのであれば、すでに決定はなされていただろう」とカルロス・ゴーンは付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー