レッドブル ルノー
ルノーとレッドブルの関係が崩壊し続けている。ルノーのF1エンジンプログラムの責任者を務めるシリル・アビテブールは、レッドブルのテクニカル部門を率いるエイドリアン・ニューウェイが嘘をついていると非難した。

シリル・アビテブールは、2015年の開幕戦からルノーが苦戦していることを認め「言い訳を探しているのではない」と主張しつつも、エイドリアン・ニューウェイが今季のパッケージの問題はルノーが供給するパワーユニットだけだと述べるのは間違っていると語った。

「我々の問題に加え、レッドブルはこの状況の役に立たないシャシーの問題をいくつか抱えている」とシリル・アビテブールは Auto Hebdo に述べた。

「特にリアの安定性不足がそうだ。それらが組み合わさり、マシンのドライブを難しくしている」

エイドリアン・ニューウェイがRB11の唯一の問題はエンジンだと話すのを聞くのがつらいか質問されたシリル・アビテブールは「そうだね。嘘をつくパートナーを持つのはきつい」と答えた。

「エイドリアンは、魅力的でジェントルマンで傑出したエンジニアだが、エンジンマニュフェクチャラーを批判することに人生を費やしている。そして、彼は変わるには年を取り過ぎている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / レッドブル