ルノー F1
ルノーとホンダは、2009年シーズン前にエンジンの改良を認められる予定だ。

最近、凍結されたV8エンジンの一部が他のF1エンジンより優れているという状況を受け、FIAは一部チームが“エンジン性能の平等化”を認められることを発表した。

ルノーのチーム代表であるフラビオ・ブリアトーレは、「望んでる変更をすべて記載したプロジェクトをFIAに提出しなければならない。そして、それをFIAが承認する必要がある」

ルノーのエンジンは30馬力劣っているとされている。

「エンジンのコンセプトを変更できないのは明らかだ。しかし、いくつかの内部部品を変更することはできるだろう。我々はマシンを最も改善させたチームだ。エンジンを改良すれば、2009年には素晴らしいシングルシータを得ることができるだろう」

ホンダ・レーシングのCEOであるニック・フライは、エンジン改良の承認を得られるのは一部のチームのみであると説明した。

「マクラーレン、フェラーリ、BMWといったチームはおそらく必要ないだろう。しかし。我々は改良することができるだろう」

エンジンの改良が認められるもうひとつのチームはトヨタであるとみられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / トヨタ / ホンダF1