ロータス・ルノーGP
ロータス・ルノーGPは、2011年末まで新たに4つのスポンサーを獲得したことを発表した。

今回発表されたスポンサーは、石油および天然ガス会社である「OGX」、ロクター・アンド・ギャンブル社の剃刀ブランド「ジレット」、ブラジルの通信会社エンブラテル、イギリスの製薬会社オーデン・マッケンジーの4社。

OGXのロゴはR31のフロントとブルーノ・セナのヘルメットとレースングスーツ。ジレットのロゴはR31のフロントウイングと両ドライバーのヘルメットおよびスーツ。エンブラテルのロゴはR31のサイドポッドとブルーノ・セナのヘルメットとスーツ、キャップ。オーデン・マッケンジーのロゴはR31とチームの物理療法士のシャツに掲載される。

「商業的なポートフォリオに4社もの新しいパートナーを迎え、非常にエキサイティングなF1シーズンを証明できるらことを嬉しく思っている」とロータス・ルノーGPのチーム代表エリック・ブーリエはコメント。

「ロータス・ルノーGPは、国際的でプロフェッショナルな業務を通じて非常に高いレベルを達成したという点で全てのブランドと共通の精神を共有している。今後数ヶ月間、4社全てのパートナーとの成功した関係を楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | F1スポンサー