ロータス・ルノーGP
ファイルーズ・ファウジー、ロマン・グロージャン、ブルーノ・セナという3名のリザーブドライバーを起用するロータス・ルノーGPだが、チーム代表のエリック・ブーリエは、その中でブルーノ・セナが第一リザーブドライバーであることを明らかにした。

ロータス・ルノーGPは、R31の発表会で事前に発表されていたファイルーズ・ファウジーとブルーノ・セナをリザーブドライバーとして起用することを発表。またバックアップドライバーとして、ホーピン・タンとヤン・チャロウズを保持することも明らかにした。

エリック・ブーリエは、ロマン・グロージャンの今年のプライオリティはGP2であるとし、必要な場合はブルーノ・セナがレースドライバーの代役を務めることを明らかにした。

「準備ができているドライバーに与える予定だ。ブルーノは最も準備ができているドライバーだ」とエリック・ブーリエはコメント。

「ロマンはフランス人ドライバーを戻す計画の一部としてより戦略的なものがある。しかし、彼はあらかじめ用意されたことに専念しなければならない。GP2がそうだ」

エリック・ブーリエは、ルノーアカデミーがF1でレースをするチャンスに備えることを目的としていると述べた。

「我々は全員から白地小切手を求めたわけではない。戦略は明らかだ」とエリック・ブーリエはコメント。

「我々はフェラーリアカデミーのコンセプトを実施したい」

「彼らはサードドライバーだけでなく、2年前のマシンでF3の勝利者らを使っている。我々もそのようなことをさせてもらいたい」

エリック・ブーリエは、元ルノーのリザーブドライバーを務めたジェローム・ダンブロシオがアカデミーで成し遂げたかったテンプレートだと述べた。

「アイデアは、ダンブロシオとの経験が元になっている。私は彼をできるだけ多くチーム内にはめ込もうとした。彼はWSR(ワールド・シリーズ・バイ・ルノーのデモイベント)、プロモーションデイ、都市デモでクルマを走らせた」

「ヴァージンをテストしたとき、彼らは彼が適応できたこと、素晴らしいフォードバックを与える能力があったことに非常に感銘を受け、最終的に成果をあげた。彼は、アブダビでのルーキーデイでテストした際、このチームに印象を与えた。彼らはクルマの中での感じ方に驚いていた」

エリック・ブーリエは、各リザーブドライバーにはレースシートに値することを証明するチャンスがあると付け加えた。

「我々はドライバーを育成するために2年落ちのマシンを使用する予定だ。彼らの何人かにとっては完全な評価プログラムだ。またブルーノのような他のドライバーにとっては、F1の近くにいるためでもある。何人かのキッズにはF1への準備ができていると確信させられてもいる。彼らは将来にむけた次のドライバーであり、私は彼らの準備を整えてやりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー