レッドブル F1韓国GP 予選
レッドブルは、F1韓国GPの予選で、セバスチャン・ベッテルがポールポジション、マーク・ウェバーも2番手に入り、初の韓国でフロントローを独占した。

セバスチャン・ベッテル (1番手)
「ポールを獲ることは特別な気分だ。非常に接戦だった。楽しいトラックだ。セクター1はあまりできることがないし、正しいタイミングでブレーキングポイントを捕えるだけだけど、セクター2とセクター3は流れるようなコーナーがあってかなり面白い。でも、ミスもしやすいね」

「ポールのための差は小さかったけど、十分だったし、昨日はスムーズな走行ができていなかったので良い結果だ。フリー走行ではパンクしてしまい、新しいトラックであまり多くの走行することができず、リズムを掴むのがさらに難しくなった。全てのレースでチャンスを掴まなければならない。日本は良い結果だった。でも今は韓国だし、明日のレースに完全に集中している。今日、クルマは間違いなく速かった。でも、まだ仕事をする必要があるし、最も重要なことは、落ち着いたままでいることだ。それが僕たち全員がしたことだし、僕たちは何を持っているかわかっている。今日は良い仕事ができたので、明日を楽しみにしている」

マーク・ウェバー (2番手)
「正直、1アタックには満足できなかったで、最後の走行は2アタックの方がよかったね。うまくいったけど、セブとは非常に接近していたのは明らかだったし、2番グリッドになった。レースをスタートするには悪いポジションではないけど、やはりポールを獲りたかったね。でも、そこからでも良い結果を得ることはできる。明日はグリッドの汚れた側でスタートするし、フェルナンド(アロンソ,3番手)は堅実なスタートをするだろう。でも、チャンピオンシップの運命を決めるつもりはないので、そこから攻めるつもりだ。僕たちが良いポジションにいるのは確かだ」

関連:
F1韓国GP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1韓国GP