レッドブルF1代表 「理想論で言えば新しいF1チームの追加は支持」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、「理想主義的な観点」では、経済的に理にかなっているのであれば、12チームがF1グリッドに並ぶことを全面的に支持すると述べた。

マイケル・アンドレッティのF1への参入をめぐる議論は、最近、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフがアンドレッティよりも11番目のチームとしてアウディがフィールドにより多くの価値を追加するだろうと提案したことで復活した。

「11番目のチームとして参加する人、エントリーを取得する人は誰でも、ビジネスのためにどれだけ創造的であるかを示す必要があると思う」とトト・ヴォルフは語った。

「アンドレッティは偉大な名前であり、彼らは米国で並外れたことを成し遂げたと思う。しかし、これはスポーツであり、これはビジネスであり、我々はあなたがスポーツに提供できるものを理解する必要がある」

「そして、OEMや国際的な多国籍グループがF1に参加し、さまざまな市場での活性化やマーケティングにXドルを費やすことを証明できれば、それは明らかに他のすべてのチームにとってまったく異なる価値提案だ」

クリスチャン・ホーナーは、F1グリッドの拡大の問題は必ずしも付加価値の観点から見るべきではなく、単に基本的な経済学で見るべきだと考えている。

「経済的な問題を取り除けば、グリッドに24台のマシンが並ぶのは良いことだと思う」とクリスチャン・ホーナーはSky Sports F1に語った。

「そして、現状では成功するのに苦労している若いドライバーがもっと増えるようになると思う。彼らが入ってくるのを見ることになるだろう」

「問題は常に財政にどのように対処するかだ。2チームを追加することは、そこにいる10チームのポットを薄めるだけであり、降格や昇格システムはない」

「だから、プロモーター、ステファノ(ドメニカリ)は、特に小さなチームに対してそれを正当化する必要があるだろう」

「新たなエントリーのために500万ドル、1000万ドル、または1500万ドルを放棄しなければならないなら、どうして彼らはそれをすると思う?」

「すべてのものと同じように、商業面がそれを主導する」

「理想主義的な観点から見れば、私は12チームを完全に支持する。しかし、数字と各チームに個別にかかる費用を見れば、そこが失敗するところだ」

雇用主であるザウバーがアウディとF1チーム売却について交渉すると伝えられているアルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは、アウディが単独でF1に参入した場合、既存チームに容易に受け入れられるであろうもう1つの説得力のある理由を提供した。グリッドへのサプライヤー。

「11番目のチームについて、我々は3年前にポルシェを例に挙げて『ポルシェのようなメーカーがF1に参加し、それを自分たちでやりたいと思っていることを想像してみてほしい。それは理にかなっているか? 我々にドアを開けてくれるか?』と話をした」とフレデリック・ヴァスールはRACER に語った。

「そして、この場合、あなたは『確実にイエスだ』と言うだろう。それはパドックに大きな価値を追加するからだ。別のエンジンメーカーだったら、その段階で我々が危険に晒されていたことを忘れないでほしい」

「だから、我々はドアを開けてもいいと言い始めた」

「個人的なことではないので、アンドレッティについて話したくはないが、他のチームと同じことをしているが大きな付加価値のない別のチームを追加することは、今日現在、理にかなっているとは思えない」

「最終的にはF1とFIA次第だ」

「私は大ファンではない。なぜなら、我々全員がどこから来たのかを知っているからだ。もし、我々がプロジェクトについて知っていて、情報があり、それらがF1に価値をもたらし、付加価値をもたらすと確信しているのであれば問題ないと思う」

「しかし、付加価値がチームの国籍からもたらされるとは思わない。今日のF1の最大の市場の1つはオランダだが、我々にはオランダのチームはなく、オランダ人のドライバーがいるだけだ」

レッドブル・レーシング F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アウディ / アンドレッティ