レッドブルF1代表 「我々は新しいレギュレーションを最大限に生かした」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2022年のF1のテクニカルレギュレーションの変更に「驚くほどうまく」対処したチームの従業員を称賛した。

レッドブルとメルセデスは、昨年のF1ワールドチャンピオンをかけて直接対決したため、2チームは、2021年の開発と2022年のグラウンドカーへのオーバーホールとのバランスを取る必要があった。

レッドブルとフェラーリが今シーズン最速の2台となった一方で、メルセデスは大幅にペースを落として序列で3位に後退した。

そして、初期の信頼性に関するいくつかの懸念を克服した後、レッドブルはドライバーズとコンストラクターの両方の順位でフェラーリを快適に引き離している。

マックス・フェルスタッペンはシャルル・ルクレールを80ポイントリードしており、13レースで8勝を挙げているレッドブルはフェラーリにほぼ100ポイント差をつけている。

クリスチャン・ホーナーは、2022年シーズン前半戦を振り返り、レッドブル・レーシングのチームとしてのパフォーマンスに多くの最上級の賛辞を述べた。

「我々にとって最初の13レースは素晴らしいものだった」とクリスチャン・ホーナーはRacingNews365に述べた。

「我々は昨年を引きずってシーズンに入り、対戦相手に比べてこの新しいレギュレーションへの移行が非常に遅かった」

「チームは驚くほど良い反応を示したと思うし、最初のテストから競争力のあるポジションにいることは、舞台裏でのハードワークの証だ」

「もちろん、序盤のレースのバーレーンとオーストラリアでは信頼性にフラストレーションを感じた。しかし、ジッダでのレース2で立ち直り、そのレースに勝利し、何度かフェラーリと壮大な戦いを繰り広げた」

「これらの新しいレギュレーションは、より接近したレースを生み出すという点でかなりうまく機能しているように見える。我々は機会を最大化したと思う」

クリスチャン・ホーナーは、サーキットとファクトリーの両方で、レッドブル・レーシングで全面的に行われている仕事に満足を表明した。

「それには単一の要素はなく、集合体だ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「チーム全体のパフォーマンスに満足している。エンジニアリングスタッフ、技術者、ピットストップは力強く安定していた。ハンガリーでは、これまでの最速ストップを記録した」

「そして、もちろん、ミルトン・キーンズで起こっていることにもね。それは驚異的な反応だった」

また、クリスチャン・ホーナーは、F1がターボハイブリッドの“パワーユニット時代”に突入した後の数年間の休眠期間の経て、レッドブル・レーシングが2021年に完全に競争力のあるマシンを最大限に生かす「鋭さと準備ができた」ことを嬉しく思っていると語る。

「我々は常に、どのようにレースに臨み、挑戦に取り組むかに関して、非常に強いレース倫理と文化を持ってきた」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「我々はすべてのグランプリで勝つためのツールを常に持っていたわけではない。だが、完全なパッケージを初めて手にした昨年から、チームは鋭さとそれを利用する準備ができていた」

「それは今年にも反映されている。つまり、基本的に、我々はまだレースチームだ」

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル