レッドブルF1代表 「前半戦のリードに満足することはない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ドライバーとコンストラクターの両方のチャンピオンシップで大きくリードしているにもかかわらず、チームが2022年のキャンペーンについて満足することはないと語った。

今年の22レースのうち13レースを終えて夏休みに向かうレッドブル・レーシングは、フェラーリを97 ポイントリードしており、マックス・フェルスタッペンはドライバーランキングでシャルル・ルクレールを80 ポイント上回っている。

レッドブルは9勝を挙げ、マックス・フェルスタッペンはそのうち8勝を挙げているが、フェラーリが4勝にとどまっている。

クリスチャン・ホーナーは、特に昨年のタイトルがシーズン最終戦F1アブダビGPの最終コーナーで決まった後、このような大きなアドバンテージを得たことに安堵している。

「ポイントテーブルは健全に見えるし、夏休みを締めくくる素晴らしい方法だ」とクリスチャン・ホーナーはFormula.huのインタビューで認めた。

「しかし、まだ多くのレースが残っている」

「本当に重要なのは、シーズンの終わりにどこにいるかだ。今年の前半は非常に励みになったが、これからシーズン後半に何をするかが重要だ」

「このチャンピオンシップとスプリントレースにはまだ長い道のりがある。やるべきレースはまだたくさんあるし、それらは非常に異なる会場で行われる」

「したがって、我々は何事も当たり前だとは思っていない。フェラーリは速いし、メルセデスはゲームに戻ってきている」

「メルセデスは何年にもわたって非常に支配的なチームだったので、メルセデスがそれほど接近していなかったり、ペースを上げていなかったりしたことに、我々全員が驚いた」

「彼らは明らかに問題に取り組んでおり、それはいかに競争力があるかを示している。彼らがアクションに近づいているのがわかる。特定のサーキットでは、今年後半に脅威をもたらす可能性が十分にあると思う」

より接戦でチャレンジングなシーズン後半戦を望むかと質問されたクリスチャン・ホーナーは、今の状況を理解していると語った。

「そんなことを望んでいる人間は一人もいない」とクリスチャン・ホーナーは感情を込めて語った。

彼のコメントは、今シーズンのレッドブル・レーシングの優位性に非常に満足しているレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート マルコのコメントと同じだ。

「これほど楽しいことはめったにない」とヘルムート・マルコはオーストリアのOE24に語り、現時点では毎週末が「喜び」であり、「すべてに多くの神経が費やされた」2021年とは大きく異なると付け加えた。

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル