レッドブルF1代表 「マックス・フェルスタッペンが変わったのは年齢だけ」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンがF1に参戦してから変わったのは年齢だけだと語る。

マックス・フェルスタッペンは、2015 年にトロ ロッソで史上最年少でF1デビューを果たし、2016年シーズンの4レース後にレッドブル・レーシングに昇格するのに十分な印象を与えた。

F1スペインGPでのレッドブル・レーシングとの初戦で優勝というおとぎ話のようなデビュー以来、マックスウ・フェルスタッペンはさらに27のグランプリ優勝と 1つの世界選手権のタイトルを彼のトロフィー キャビネットに加えた。

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのスピードはF1での初期の頃から明らかだったとformula.huに語った。

「マックスは、最初にクルマを運転したときから、信じられないほどの自然なスピード、優れたクルマのコントロール、大きな自信を持っていた。それはまったく変わっていない」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「変わったのは彼の経験、そして、明らかに成熟したことだけだ。彼はティーンエイジャーで我々に加わり、現在24歳だ。実際、それが変わった唯一のものだ」

2022年の13レースが終了し、マックス・フェルスタッペンはドライバーズ チャンピオンシップで 80 ポイントの差をつけて首位に立っており、レッドブル・レーシングは、コンストラクターズ ランキングのトップで 97 ポイント差をつけている。

「今年の上半期は本当にポジティブだった。8回の勝利、スプリントレースでの2回の勝利で、両方のチャンピオンシップをリードした」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「もちろん、それはほとんど意味がない。本当に重要なのは、シーズンの終わりに自分がどこにいるかだ」

「今年の前半は非常に心強いものだったが、今はシーズン後半に何をするかが重要だ」

レッドブル・レーシングの2021年のタイトルライバルであるメルセデスは、2014年から2021年にかけてコンストラクターズのタイトルを完全に独占したが、今年、シルバーアローは後退し、レッドブルとフェラーリに次ぐ3位に降格している。

メルセデスは、2022年これまでのところレースに勝っていない。

「メルセデスは何年にもわたって非常に支配的なチームだったので、メルセデスがそれほど接近していなかったり、ペースを上げていなかったりしたことに、我々皆が驚いていると思う」とクリスチャン・ホーナーは続けた。

「しかし、彼らは問題に取り組んでおり、それは彼らがいかに競争力があるかを示している」

「彼らがアクションに近づいているのがわかる。特定のサーキットでは、今年後半に脅威をもたらす可能性が十分にあると思う」

昨年のタイトル争いはレッドブルとメルセデスの間だったが、シルバーアローの苦戦により、今年レッドブルと戦うのはフェラーリとなった。

クリスチャン・ホーナーは、フェラーリとの戦いを楽しんでいると語った.

「フェラーリはアイコニックなブランドだと思う。サーキットで何が起こっているかがすべてであり、フェラーリとレースをすることは非常に満足のいくものだ」とクリスチャン・ホーナーはコメントした。

「今年のシャルル(ルクレール)とマックスのレースは素晴らしかったし、それが続くことを願っている」

また、クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのチームメイトであるセルジオ・ペレスのパフォーマンスについても語った。ペレスはF1モナコGPで優勝したが、最近のレースでは苦戦しており、過去5回のグランプリで表彰台を獲得したのは1回だけだ。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、ドライバーを擁護し、セルジオ・ペレスはまだ成功に飢えていると主張した。

「チェコは素晴らしい仕事をしている。彼はいくつかトリッキーなレースを経験したが、素晴らしいシーズンを過ごしている。モナコでの勝利、ジャッダでのポールポジション。彼は信じられないほど素晴らしいパフォーマンスを見せている」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼の予選のペースは、今年大きな一歩を踏み出した。ジェッダでのポールポジションは目覚ましいものだった。だから、彼は今でも懸命に自分を追い込んでいて、非常にモチベーションが高い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン