レッドブル、メルセデスF1エンジン部門のチーフエンジニアを引き抜き
レッドブルは、メルセデスのF1エンジン部門のチーフエンジニアであるフィル・プリューを獲得。レッドブル・パワートレインズをさらに強化した。

新しいF1エンジンレギュレーションが施工される2026年に、レッドブルは、レッドブル・パワートレインズで独自のF1パワーユニットを製造する予定であり、その準備のためにこれまで何名かのビッグネームと契約している。

最新の契約の一人がフィル・プリューだ。彼の名前はF1ファンにはあまり知られていないかもしれないが、長年にわたってメルセデスのF1エンジン部門の重要人物であり、F1で長く成功したキャリアを築いてきた。

フィル・プリューは以前、マクラーレンでレッドブルの最高技術責任者エイドリアン・ニューウェイと働いていた。1997年から2016年まで、デビッド・クルサード、ルイス・ハミルトン、セルジオ・ペレスなどのレースエンジニアを務めた後、チーフエンジニアとしてメルセデスのエンジン部門に移った。

2021年にレッドブル・パワートレインズのプロジェクトを発表して以来、レッドブルは採用活動を行っており、ここ数か月ですでに何人かのスタッフがメルセデスから誘い出されている。

メルセデスのF1エンジン部門のファクトリーは、ミルトン・キーンズにあるレッドブルの本社から車でわずか 45 分の場所にある。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーはこれまでの計画の進展に満足していると語る。

F1ハンガリーGPの週末に、クリスチャン・ホーナーは「すべての主要なプレーヤーが配置された」と語った。

「我々は管理体制を整えており、彼らは、2026年のレギュレーションがどうなるか、できればすぐに確認されるよう懸命に取り組んでいる」

フィル・プリューに関しては、正確な役割はまだ発表されていませんが、クリスチャン・ホーナーは、彼がレッドブル・パワートレインズに加わることに興奮している。

「フィルがチームに加わることを嬉しく思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は驚異的な実績を持っている。彼はメルセデスの最近の成功の重要な要素であり、それは我々がパワーユニットでどこに行きたいかという意図の別の声明でもある」

「我々はビジネスの中で非常に深いものを集めたと思う。すべてがまとまるのを見るのは素晴らしいことだ。フィルは、我々がすでに集めた非常に才能のある人々のグループに追加される最近の数少ない重要な契約の1つだ」

「エイドリアンは何年も前からフィルのことを知っていたので、もちろん、彼の意見を参考にした」

フィル・プリュー(Phil Prew)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル