レッドブルF1首脳、ネルソン・ピケ スキャンダル発覚のタイミングを疑問視
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、最近のネルソン・ピケ スキャンダルの「タイミング」に疑問を呈した。

ルイス・ハミルトンの母国レースとなるシルバーストンでのF1イギリスGPの直前、ハミルトンを“Nワード”の蔑称で呼んだ3回のF1ワールドチャンピオンのネルソン・ピケのビデオが登場した。

それは、F1パドックからの永久追放、さらには刑事訴追を含む論争の火の嵐を巻き起こした。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、これはルイス・ハミルトンとメルセデスF1チームにとって非常に好都合だったと語る。

「ピケを擁護したくないが、ポルトガル語を正しく翻訳すれば、彼の言ったことはそれほど露骨ではない」とヘルムート・マルコはOsterreichに語った。

「しかし、我々はピケのことを知っている。現役だったときもいつも軽率な発言をしていた。唯一、奇妙なことは、昨年11月のこのインタビューが、イギリスでのグランプリの数日前に表面化したことだ」

ヘルムート・マルコは、ハミルトン陣営が、ネルソン・ピケの娘ケリーと付き合っているマックス・フェルスタッペンとのシルバーストンで非常に論争の的となった2021年のクラッシュから注意を引くためにタイムリーな転換を望んでいたと疑っている。

「どうやら、彼らは前年のクラッシュが再び沸騰しないことを望んでいたようだ」とヘルムート・マルコは告発した。

「このタイミングは偶然ではない」

一方、ヘルムート・マルコはレッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーが、今年のフェラーリとのタイトル争いは、2021年のメルセデスとの激しい直接対戦よりもはるかにスムーズだという発言を支持した。

「メルセデスとはすべてが常に政治的になる」とヘルムート・マルコは主張。フェラーリとの現在の戦いはもっと楽しいと語り、ポール・リカールでトップを走行中にクラッシュしたシャルル・ルクレールに同情を表明した。

「我々はスポーツに関して対等な立場にいる」とヘルムート・マルコはレッドブル対フェラーリの対決について語った。

「ルクレールとフェラーリが我々との戦いでミスを犯し続けるのは残念だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル