レッドブルF1代表 「メルセデスF1の再興はF1フランスGPでも続く」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1の最近のパフォーマンスの上昇に注目しており、それはポール・リカール・サーキットで開催される次戦F1フランスグランプリでも続くとよそしている。

メルセデスF1は、F1マシンがグラウンドエフェクトカーへと移行した新しい空力ルールの変更に苦戦。特にW13はポーパシング(ポーポイズ現象)/バウンシングの影響を大きく受け、シーズン前半は苦しみを味わってきた。

しかし、間瀬線F1オーストリアグランプリでは、実力でルイス・ハミルトンが3位表彰台とジョージ・ラッセルが4位でフィニッシュ。問題をようやく乗り越えたようだ。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、次戦F1フランスグランプリが開催されるポール・リカール・サーキットでもメルセデスの再興は続くと考えている。

「リカールでは彼らは速いと予想している」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼らはそのレベルにいるという閃光を示している。最後の2レースは彼らにとってかなりまともだった。ポーポイズ現象の兆候はまったくなかったと思うし、彼らはゆっくりとゲームに戻ってきているように思う」

メルセデスF1は、レッドブル・レーシングやフェラーリに比べて競争力に欠けているが、その一貫性と信頼性により、チームは可能な限り被害を最小限に抑えてきた。

ジョージ・ラッセルは、オープニングラップでクラッシュしたシルバーストンを除き、これまでにフィニッシュしたすべてのレースでトップ5に入っており、ルイス・ハミルトンは最後の2レースの両方で表彰台に立っている。

しかし、レッドブル・レーシングはコンストラクターズランキングでメルセデスF1を122ポイント上回っており、シーズンのこの早い段階でもほぼチャンピオンを獲得し、8連覇中のメルセデスF1の連勝記録を終わらせるのは確実だと考えられている。

代わりに、メルセデスF1は、66ポイント差の2位フェラーリを捕まえることに焦点を当てるだろう。ドライバーズチャンピオンシップでも同様のポジションにより、ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンはレッドブル・レーシングとフェラーリのドライバーに次ぐ5位と6位にいる。

残りの11レースでメルセデスF1がチームバトルの要因になるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「彼らは競争相手になると思う」と語った。

「彼らは一貫してポイントを獲得し続けている」

「現時点では、彼らコンストラクターズやドライバーズでどれだけ離れているかは分からないが、車が増やるのはことは良いことだ。悪いことになるときもあるがね!」

「しかし、ファンにとっては、6台の車が勝利を競うのは素晴らしいことだと思う」

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス / F1フランスGP