レッドブルF1、“奇妙”なタイヤデグラデーション問題に困惑
レッドブル・レーシングは、F1オーストリアグランプリで一夜にしてタイヤデグラデーションがマックス・フェルスタッペンにとって問題になった理由を理解するのに途方に暮れており、現在、この問題を調査いている。

マックス・フェルスタッペンは、土曜日の23周のスプリントでフェラーリのシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.に圧倒的な勝利を収めた。しかし、パルクフェルメルールによって前日からほとんど変わっていないにも関わらず、日曜日のRB18はフェラーリ勢に対抗することができず、レース中に異常なデグラデーションが発生した。

マックス・フェルスタッペンは、カルロス・サインツJr.が残り15周でエンジン故障に見舞われてリタイアしたおかげで、最終的にシャルル・ルクレールに次ぐ2位でフィニッシュすることができたが、それがなければサインツに抜かれていたのは明らかだった。

シーズン開始以来、タイやデグラデーションはレッドブル・レーシングにとって根本的な問題ではなかった。つまり、先週の日曜日の問題には答えが必要だ。

「奇妙だった」とレッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは語った。

「ちょうど1週間前のシルバーストンで、我々はデグラーデーションに関してかなりまともなように見えた」

「問題は、これらのタイヤが非常に敏感であり、適切なウィンドウにいない場合、多くのチームがそうだったように、デグラデーションに関して罰を受ける可能性があることだと思う」

「スプリントレースを見ると、最初は少し強くプッシュし、最後は少し罰を受けたが、分析全体を通して、フェラーリと同じだった」

「一晩で変わったのは、雨、気温、そして、もちろん燃料の負荷だけだ」

「したがって、あの第1スティントで、我々のデグラーデーションがシャルルとカルロスよりも著しく悪かった理由を理解する必要がある」

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、土曜日のスプリントとは対照的に、日曜日にマックス・フェルスタッペンをプレッシャーにさらすルクレールの能力が、フェルスタッペンのデグラデーションを加速させたと考えている。

「2台の車のペースに大きな違いはないと思う」とマッティア・ビノットは語った。

「タイヤデグラデーションに関しては、スプリントでは我々の方がタイヤデグラデーションで少し有利だったと思うが、日曜日はスタートからマックスにプレッシャーをかけ始めたことで、日曜日はさらに有利になった」

「我々は彼にもっとペースを上げさせ、タイヤをより劣化させた。マックスへのプレッシャーが大きかったことで、スプリントで見たものがレースでより明白になったんだと思う」

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1オーストリアGP